BLOG

2017年2月22日|設計室のブログ西ヶ原の家 

ただいま計画中の「西ヶ原の家」ですが、

1/50の模型をつくってみました。

車を2台並べて配置するため、門型フレームの採用を検討。

IMG_1288

IMG_1292

隣地3方向を3階建てに囲まれているため、3階にLDKを配置。

夏涼しく冬暖かく、そして実際の大きさ以上の解放感を画策中。

ライトコートに向けて、長く距離を確保したLDK。

2017-02-22_09-28-06_680

2017-02-22_09-40-07_783

キッチンの背中には、道路に面した大き目の窓(木製の四角いピクチャーウインドにしようかな?)

3階なので非常用進入口の役目も担ってます。

2017年2月21日|設計室のブログ中古戸建を直して暮らす

<リフォーム>

 

老朽化した建物を新築の状態に戻すことを言ったりします。

マンションなどの場合は、入居者の住む前の状態に戻すことを指す場合があり、

原状回復とも言われてたりします。

 

<リノベーション>

 

既存の建物に大規模な工事を行うことで、

性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることを言います。

 

では、金額的にどのくらい費用が掛かるのか?

規模や盛り込む内容にもよりますが、リノベーションをしようとした場合

最低500万円くらいからのスタートになるかと思います。

 

今回紹介する建物は、北区上中里にあるリノベーションプロジェクトです。

正面外壁、正面アルミサッシ、耐震補強、水周り及び内装一新で

工事費用500万円の完成させました。

 

ほぼ新しくなり、この値段ですので既存を残しつつ最低限のデザインというのが

コンセプトでもありますので、新築同様とはなりませんが新たに土地を買って

新築するのに比べると1/3くらいの出費で済みます。

 

<リノベーション前>

コデマリA

<当初の提案>

シンプルにカワイイ感じでデザインしましたが、予算の関係上バルコニーを中止しました。

コデマリ1

コデマリ2

コデマリ3

<リノベーション後>

コデマリB

コデマリD

コデマリC

コデマリE

解体してみると、構造材が腐ってたり、床と壁が傾いてたりと

一筋縄ではいきませんが、その都度手を止めジックリ考え、

状況を受入れながら打開策(構造的な安全性が最優先です)を見つけていく。

 

こんな調子で進めていきますので、クライアントとの信頼関係が重要です。

昨今何かと保証、保証といわれますが、弊社では創業時より

施工不良による手直しは期限を決めずに修理させていただいてます。

 

 

 

 

2017年2月20日|設計室のブログ廊下も楽しく

部屋と部屋をつなぐため、廊下が必要になったりします。

せっかくのスペースですので「人が通過するだけの廊下」は勿体ない。

 

ただの廊下に、他の要素を付け加えると、空間に必然性が生まれてきます。

今回の計画では、トイレへの動線に手洗いカウンターとピクチャーウインドーを

組み合わせ「廊下=うす暗い」という雰囲気を払拭してみました。

_92A1351

 

そこに使われる材料が本物であるほど、空間は上質な趣きとなっていきます。

写真は、杉の厚板に信楽焼の洗面器を合わせてあります。

2017年2月20日|設計室のブログ墨色の土間

各諸条件やご希望に合わせ、注文住宅をつくっておりますので

構造と性能が問題なければ、どんな仕様もお選びできるのですが、

一応、標準的な仕様を用意しております。

 

例えば、玄関の床。

コンクリートの上に、墨色のモルタルを塗った「土間風」仕上げを標準仕様としてます。

乾いてる時の色むらと、濡れた時の深い藍色に私共は美意識を感じて採用しております。

_92A1463

_92A1449

色むらがお好みでない方、表面に入るヘアクラックが気になる方には、

タイル仕上げをお勧めしております。

 

 

2017年2月18日|設計室のブログ光の入れ方

都心部で3階建てを建てる場合、

道路以外の3方向が隣地に囲まれている場合が多いかと思います。

 

普通に設計していくと1階に計画する部屋は、

光が入らない暗い部屋になってしまいます。

 

そこで方位や建物形状、窓の高さなどを工夫して

少しでも光の差し込む時間を確保しようと、あの手この手とシュミレーションを繰り返します。

 

まずは、経験とその敷地に降り立って「肌で感じる秩序」をもとにスケッチし、

大雑把な解決策が出たところで、3D化し各季節・各時間の光の入り方を確認します。

 

そんな作業を繰り返し、出来上がった空間がこちらです。

<12月の10時くらいの光>

_92A0963  _92A1004

 

<12月の13時くらいの光>

_92A1506  _92A1526

 

 

家づくりのこと、何でもご相談ください。

お気軽にお問合せくださいTEL.03-3576-1571月~土/9:00~18:00