BLOG

2018年6月11日|設計室のブログ北区西ヶ原の狭小住宅

「 狭小住宅 東京 工務店 」と検索すると、弊社が上位にヒットするらしい。

そしてどこにある会社か?確認していったところ敷地のすぐ近くにあるじゃないか!ということでお問い合わせをいただいた。

かなりヤリガイのある敷地に、少々多めのご希望に軽く凹む、、。

敷地を選ぶということは、敷地の特性と程よく付き合う決心ということなので、敷地の特性を加味した小さめのプランを申し訳ないがご提示させていただいた。

都内で土地から買って家を建てる場合は、小さく住まい大きく暮らす術を見出せるかも大きなポイントである。住宅ローンが人生最大の買物にならことを希望している。

西ヶ原M様邸_夜

西ヶ原M様邸_LDK

 

2018年6月7日|設計室のブログコンクリート打ち

配筋検査の合格をへて、本日コンクリート打ち。

住宅の場合、ベースコンクリート打ちと、立上りコンクリート打ちと弊社の場合2回に分けてコンクリートを打設します。完成後に1回目と2回目コンクリートの目地から水が浸入しないように弊社では止水板を標準で入れております。

IMG_3849

2018年6月6日|設計室のブログ基礎工事、配筋検査

文京区白山の家、着々と進んでおります。

配筋の種類、間隔、定着長さ等を確認していきますが、丁寧に作業してくれていて修正点なし。

審査機関の検査員からもお褒めの言葉をいただき一発合格。

天候を気にしながら、コンクリートの打設へと進めていきます。

IMG_3818

IMG_3816

 

2018年6月2日|設計室のブログ狭小3階建てのプロジェクト

都内狭小地のご依頼を多くいただいておりますが、今回の計画もなかなかの敷地の様子。

法務局に行って地積測量図と登記簿謄本を入手し、まずは敷地を複製してみる。小さい分、住み方に裁量が必要になるわけだけど、最近の住宅みたいに必要ないものも隣にならえでくっついて来る家より余程清々しくて好みである。

IMG_1495

 

2018年5月31日|設計室のブログ文京区白山の家 基礎工事はじまる

文京区白山の家、基礎工事が始まった。

都心部の家づくりは、工事車両や建設重機を置く場所がないのが難点で、今回も通行車両が来るたびに移動しながら工事を進める。コンクリート打設時などは通行止めになるため、警察への届け出も忘れてはならない仕事の一つである。

IMG_3795

↑右中央に見える土の山は、中庭になるスペース。

家づくりのこと、何でもご相談ください。

お気軽にお問合せくださいTEL.03-3576-1571月~土/9:00~18:00