おしゃれな注文住宅の予算はどれくらい?予算のポイントをご紹介!

ほとんどの人にとって一生に一度のマイホーム。

簡単に買い替えができないからこそ、家族が思い描く理想の家にしたいですよね。「家に妥協したくない。」「自分たちに合った自分たちの住まいを。」という人には注文住宅がおすすめです。

今回は、注文住宅を建てる前に知っておきたい必要な費用から、こだわりが詰まったおすすめ注文住宅事例まで詳しくご紹介します。

注文住宅とは?知ってるようで知らない注文住宅と建売の違い

photo01

注文住宅という言葉は知っているけれど、具体的な内容は知らないという人も多いのではないでしょうか。


注文住宅の概要

注文住宅とは、間取り・内装・設備など家の仕様を施主が決める事ができる新築住宅の事をいいます。
好きな土地を購入し、好みの建築会社と一緒に、一から自分たちの家を作りあげていく「オーダーメイド」な家です。


そして、注文住宅には「フルオーダー住宅」と「セミオーダー住宅」の2種類があります。

フルオーダー住宅

「フルオーダー住宅」とは、

施主の希望に合わせて計画する住宅の事を言います。敷地の特性や法規制を加味しながら間取りや設備だけではなく、工法・断熱材・素材まで決めなければならないため、「住宅知識」「予算」「時間」が必要になります。家が完成するまでにたくさんの道のりがありますが、世界でひとつだけの自分たちの家を作る事ができるのが「フルオーダー住宅」の最大の特徴でありメリットです。自分の理想や要望が詰まった、まさに夢のマイホームです。



最近では、設計事務所に依頼する注文住宅をよく見かけるようになりました。建築士にトータルサポートをしてもらい、たくさんある要望の中から本当に譲れない部分だけを抜粋していく事で、費用を抑えながらも質の高い住宅を建てる事ができます。「絶対に譲れないこだわりがあるけれど、予算はできる限り抑えたい。」「変形・狭小地で普通の家は建てられない。」という人は是非検討してみてはいかがでしょうか。

セミオーダー住宅

「セミオーダー住宅」とは、
家の構造や性能などの基本的な仕様がある程度決められており、建築会社が規格している中から外観・内装の色やキッチン・トイレなどの住宅設備を選んで作る住宅の事を言います。「フルオーダー住宅」よりもリーズナブルに自分好みのデザインにできるのが最大の特徴です。オーダーできる選択肢は狭くなるため、妥協はどうしても必要になりますが、規格内から好きなものを選択していく楽しみがあるので、「忙しくて時間が作れないけど自分好みの家にしたい。」「おしゃれな家に住みたいけど、大きなこだわりはない。」という人にオススメです。



「セミオーダー住宅」は、建築会社によって用意された規格も選択できる幅も違います。選べる選択肢がほとんどなかったり、中には間取り変更もオプション扱いの会社もあります。家の性能・好みのデザイン・住宅設備など、自分たちの要望がしっかり組み込める会社なのかしっかり見極めましょう。

注文住宅と建売との違い

「注文住宅」と同じく「建売住宅」という言葉も住宅を検討している人であれば、聞いたことがあると思います。

よく比較検討される2つ住宅の違いについてご紹介します。

自由度の高さ

「建売住宅」とは、土地と建物がセットで販売されている新築住宅の事を言います。

「建売住宅」と「注文住宅」の最大の違いは「自由度」です。
建売住宅は建物が既に完成されているため、希望している間取りにしたり、自分好みの外観や内装にする事はできません。自分たちに合った家ではなく、家に自分たちを合わせる住まいという事になります。


また、変形・高低差があるなどの特殊な土地は、家の形が決まっている建売住宅は建築できませんが、注文住宅は土地の特徴を活かした家を建てる事ができるのも大きな違いです。


建築現場のチェック

建売住宅は完成された物件を購入するため、建築途中を見る事ができません。注文住宅は基礎から家ができあがるまで、足を運べばいつでも建築現場を見る事ができます。
また、施主側もどんな大工さんが自分の家を作ってくれているのか知っておく事は安心感に繋がります。大工さんとの信頼関係が生まれれば、双方が納得のいく出来栄えになるでしょう。この先、何十年と過ごしていく家ですので、普段見る事ができない家の構造をしっかりチェックできるのは、とても大切な事です。

予算の調整

住まい手によって、家の中で重要視している場所は違います。「お風呂はもっとシンプルなものでよかった。その分、キッチンをグレードアップできたらよかったのに…」というように、建売住宅は自分たち家族の希望とミスマッチした設備がついていることがよくあります。コスト重視の建売住宅では仕方のない事ですが、少しもったいなく不満を感じる部分でもあります。
一方、注文住宅は予算に応じて、お金をかける部分とコストダウンする部分を調整することができます。どうしても譲れない部分にはしっかりお金をかけ、無駄な所は安く抑える事でメリハリができ、本当にやりたかったこだわりが明確になり満足度も高くなります。

注文住宅に含まれる費用とは

注文住宅を建てる場合に必要な費用をご紹介します。
建売住宅は「〇〇〇〇万円」と、一括で販売会社と契約しますが、注文住宅は「土地の購入費用」+「建築費用」+「設計費用」の3種類の契約・費用が必要になります。

土地代

土地の購入費用です。土地代の他に「仲介手数料」「登記費用」が土地購入の諸経費として必要です。土地もローンで支払う場合は「事務手数料」も別途必要になります。諸経費は土地代の5~10%が目安となります。

設計費用

設計事務所に依頼した場合、建築士に支払う設計料が必要です。設計料の目安は建物本体工事費の10~15%となります。(有名な建築家になると20~25%必要になる場合もあります。)

ハウスメーカーや工務店で注文住宅を建てる場合は、工事費用の中に設計料が組み込まれているので、別途支払う必要はありません。
(同じ明細になっているというだけであり、設計料が無料という訳ではありません。)


工事費用

建物にかかる費用です。工事費用を細かく分けると、
「建物本体工事費」「付帯工事費」「諸経費」が必要になります。
建物本体費…建物の基礎・構造・内外装・住宅設備などの工事費用

付帯工事…仮設工事(足場・仮設工事など)・給排水工事・電気ガス工事・照明空調設備・地盤改良工事・解体工事費・産業廃棄物処理費などの工事費用

諸経費…住宅ローン手数料・火災保険・建物の登記費・税金・祭事費・引っ越し費・外構費などの費用

3つの工事費用の目安は、建物本体工事費が約70%、付帯工事が約20%、諸経費が約10%となります。



注文住宅の相場感

設計事務所に依頼をしてメリットが出てくる価格帯は、建物本体工事で2500万円(税別)くらいからになります。規模や仕様によっても変わることはいうまでもありませんが、2000万円~2500万円の価格帯の場合はデザインや採用できる仕様の幅が狭くなるかも知れません。2000万円以下は、いわゆるローコスト住宅の範囲となり更に制限されることでしょう。

おしゃれな注文住宅のおすすめ例

注文住宅で建てたおしゃれな家で是非参考にしてもらいたいおすすめ事例をご紹介します。

外観にこだわった例

図1

引用元:https://www.instagram.com/p/BmH9XVkHgqJ/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

最近おしゃれな家では定番になりつつあるモルタル+塗装の外観事例です。通りに面した外壁には窓が一切なく、まるで大きなオブジェのようです。ドアの奥がどんな空間になっているか、想像してしまう魅力があります。
あまり陽が差さない方角に玄関を構える家であれば、カーテンで閉め切られた窓よりも、窓自体を思い切って無くしてみるのも大胆で面白いですね。暗い方角でも真っ白の壁にする事で反射光を得られ明るい印象を与えることができます。

図2

引用元:https://www.instagram.com/p/Bh1L-7uHw-n/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

外壁に焼杉を使っている事例です。昔の日本家屋によく使用されていた外壁素材と言えばピンと来る人が多いのではないでしょうか。現代のデザインに昔ながらの焼杉を上手く取り入れられていて、スタイリッシュながらも、どこかホッとするような日本の温かみが感じられる外観に仕上がっています。
黒い色は塗装ではなく、焼いた事による自然の色というのも味がありかっこいいですね。また、ほとんどの外壁は経年劣化して古くなっていきますが、焼杉は劣化ではなく、経年変化によりシルバー色になっていきます。シルバーになった外観も風情がでて素敵な佇まいです。

内装にこだわった例

図2

引用元:https://www.instagram.com/p/BeSl3iTHIab/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

こちらの事例は、ボルタリングと滑り台が設置されている事例です。ボルタリングの頂上にロフトを設ける事で、天井に高低差ができ、部屋に奥行きがでます。ボルタリングのカラーと滑り台が良いアクセントになり、個性溢れた楽しいリビングになっています。滑り台は遊び場になるだけでなく、最強の時短アイテムになるかもしれません!?

図2

引用元:https://www.instagram.com/p/BgmvwXTHtnI/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

リビングに土間を取り入れた事例です。土間は自転車・アウトドア用品など外で使うものを家の中に持ち込めるので使い勝手がよく大変便利です。床と段差をつけて腰かけにすると、ちょっとした休憩やお茶会ができたりします。
土間の素材もタイルやモルタルなど自分好みのスタイルに合わせられるので、どんなインテリアスタイルでも違和感なくマッチします。また、土間は蓄熱性があるので薪ストーブとの相性も抜群です。

図2

引用元:https://www.instagram.com/p/BfDoooxHZLn/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

ハンモックをリビングに設置している事例です。ハンモックは家の中にいながらもリゾート気分が味わえるだけでなく、吊り下げているだけでもおしゃれな空間が演出できるので、最近取り入れる住宅が増えています。たくさんの植物を置く事で、更に非日常な空間に仕上がっています。リラックスできる家は滞在時間が自然と長くなるので、家族と過ごす時間も増えるのでとてもおすすめです。ハンモックを天井から吊り下げて設置する場合は梁などの構造材に固定が必要ですので、設計段階でハンモックを設置したい旨を伝え、場所をあらかじめ決めておくと失敗がなくなります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

設計士に無料で相談する

関連記事

  1. 埼玉で注文住宅を建てたい!人気エリアの相場と建てる時の注意点について!…

  2. おしゃれな狭小住宅、コンパクトハウスを建てたい!おすすめなデザインをピ…

  3. 大田区で注文住宅を建てよう!エリアの特色と相場のポイントをご紹介

  4. 犬と共に暮らす。理想の注文住宅を作るには

  5. 東京都江東区で注文住宅を建てよう!エリアの特色と相場のポイントをご紹介…

  6. 土地と建築会社はどちらを先に決めるべき?

  7. 土地を購入する時に必要な費用とは?

  8. 府中市で注文住宅を建てよう!エリアの特色と相場のポイントをご紹介