おしゃれで快適な狭小住宅の間取りの実例をご紹介!

都市部に人口が集中している日本では、人気のエリアは坪単価が高く、理想の坪数を手に入れるのは難しいのが現状です。「予算はないけど立地条件は譲れない!」そんな時に是非おすすめなのが「狭小住宅」です。狭小住宅は狭くて住みづらいイメージがありますが、実は間取りの工夫次第で想像以上に快適な生活を送ることが可能です。

狭小住宅の特徴

狭小住宅とは、15坪以下(50㎡)の狭い土地に建築された住宅の事を指します。最近では20坪前後でも狭小住宅と呼ばれる事例もたくさんありますので、20坪未満を目安に狭小住宅と考えておけばいいでしょう。
狭い土地に家を建てるため、2.3階建ての細く縦に長い形状の家である事が特徴です。また、周りは住宅が密集している場合が多いです。

狭小住宅のメリット

土地の価格が安い
狭小住宅最大のメリットは土地の価格が安いことです。立地条件が同じ場合、敷地面積が広い土地よりも狭い土地の方が当然、土地価格は安くなります。土地の費用を抑えることで、建築費用に余裕を持たせるという選択もできます。

・都市部や立地条件のいい場所に住める
利便性や立地条件の良い土地は価格が高く設定されています。坪単価が高い地域であっても、面積が狭い土地であれば手の届く価格で購入する事ができるので、快適な住環境で暮らす事ができます。交通インフラが整っている地域に土地を購入し、公共交通機関を上手く利用できれば、マイカーを持つ必要がなくなるので、車に関するランニングコストも削減できます。

・税金が安い
狭小住宅は土地・建物の面積が小さいので、それにかかる税金が安くなります。税金は、不動産取得税、固定資産税、都市計画税などにあたります。特に固定資産税は毎年かかってくる税金ですので大きな違いになります。

・維持費が安い

維持費とは、光熱費や劣化に伴う修繕費などにあたります。ガス・電気代は家の面積に比例してあがっていきます。面積が広ければ、エアコンを複数台設置、畳数も大きいタイプの物が必要になるなどの負担も考えられます。買い替えなども視野に入れると、住めば住むほど維持費には差額が生まれます。また、見落としがちな部分ですが、外壁の塗り替え・壁紙の張り替えなどの修繕も同様です。修繕は一度にかかる費用が高額になるため大きなメリットになります。

・外構費が安い
土地の面積が広いほど、アプローチやフェンスなどの外構費用が高くなります。狭小地は面積のほとんどを建物が占めるので外構費を安く済ませる事ができます。

デメリット

・建築費が高くなる
狭小住宅は、資材を運搬する大型トラックや建設中に組む足場が確保しにくい場合が多くあります。建築しにくい土地は建築作業に時間がかかり、人件費や車両費が余分にかかってくるため、建築コストが高額になりやすいデメリットがあります。また、価格が安い規格住宅などが土地の形状にあてはまらない事も多く、注文住宅で建築した場合も高額になる傾向があります。

・間取りに工夫が必要
狭小地は居住空間を作るために、どうしても3階や地下など縦方向にスペースをとっていく形になります。必然的に階段移動が多くなるので、毎日家の中を何往復もしなくて済むよう、生活動線をしっかり考えた間取りにする必要があります。また、居住スペースをできるだけ広く確保するために、狭小住宅は収納の豊富さがとても重要になります。デッドスペースを上手く活用して収納を作る工夫も必要です。

・防音対策が必要
狭小地は住宅が密集しているエリアが多く、隣家との距離がとても近くなります。お互いの生活音や騒音が原因で、隣人トラブルにならないよう防音対策を設計段階からしっかり考慮する必要があります。

・採光や採風が取りづらい
先ほどと同じ理由で、狭小地は日当たりや風通しが期待できない事が多々あります。既に隣家が建築済みの可能性も高いため、窓の鉢合わせを避けると窓の位置まで限られてきます。狭小地に家を建てる場合は、採光・採風についてもしっかり考慮された設計になるよう工夫が必要です。

・躯体強度
縦に長くなる建物はどうしても地震の揺れに弱くなります。左右に大きく揺れた場合、自宅のみならず、近隣の住宅にも被害がでる恐れがあるため、地震対策をしっかりとった強度ある住宅にする必要があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

設計士に無料で相談する

関連記事

  1. 使いやすいキッチンの間取りとは?最新のトレンドをご紹介

  2. (コラム)天井は高い方が良いの?

  3. (コラム)収納の増やし方

  4. 調布駅前

    調布市で注文住宅を建てよう!エリアの特色と相場のポイントをご紹介

  5. (コラム)街とかかわりを持つ

  6. 注文住宅のこだわりポイント!おしゃれで快適なリビングを作りたい!

  7. (コラム)雨樋の存在感をなくす

  8. 注文住宅で失敗しないためのリビングの間取りの考え方とは