絶対失敗したくない外壁の色!失敗しない色選びポイントと人気の色

住宅のメンテナンスとして、定期的に行う必要のあるものが外壁の塗装です。外壁の塗装は、住宅を長持ちさせることはもちろん、住宅の見た目を決める上でも重要な作業となります。頻繁に塗装をする必要はない外壁ですから一度外壁の色選びで失敗をしてしまうと、長い間モヤモヤした気持ちを抱えたまま毎日の生活を送ることに繋がってしまいます。この記事では、外壁の配色選びで失敗を防ぐために重要なポイントと、おしゃれな外壁の紹介をさせて頂いてます。失敗を防ぐポイントとおしゃれな外壁の例を参考に、生活がより楽しくなる外壁選びをしてみませんか?

外壁の色の種類と特徴

 

まず、外壁の色選びが重要な理由と外壁の配色パターン、配色スタイル、それらの特徴を紹介させて頂きます。外壁の見た目を構成する基本的なパターンを知っておけば、ご自身好みの色合いや屋根と外壁とのバランスを取りやすくなるのです。

外壁の配色選びはなぜ重要?

外壁選びが重要な理由として一番にあげられるのが、外壁のメンテナンス費用は安くはなく、一度失敗をすると塗り直しをすることが難しい点にあります。外壁材にもよりますが、平均的な外壁の塗装スパンは10年と言われているので、次のメンテナンスまで長い時間を待つ必要があります。外壁の配色に失敗する理由として、配色の発光やバランスが予想と違ったこと・周囲環境と合わなかったことにあります、色選びに失敗をしてしまうと、長い間満足のいかない外壁で過ごすことになってしまいます。実際の住宅を建てるまで予想がつかない外壁の配色ですから、色を選択をするためには十分に吟味をする必要があるのです。

外壁の配色パターン

まず、配色のパターンを紹介させて頂いています。

屋根と外壁のツーカラー

外壁の色は外壁の色だけではなく、屋根や窓のふちとの色合いと合わせて決められます。住宅の配色パターンの一つに、屋根と外壁の2色で構成されたものがあります。住宅の外壁は一つの色で塗られているので、一色で住宅の印象を決められるだけではなく、色の組み合わせで失敗しづらいメリットもあります。例えば、屋根が黒色・外壁に灰色を使用するなど、全体的に落ち着いた印象を与えやすいことも特徴です。

屋根と一階と二階のスリーカラー

住宅全体の配色をおしゃれに見せるなら、屋根と一階、二階の色を変えるスリーカラーの配色パターンがあります。例えば、屋根を茶色・二階を緑・一階を白で構成すれば、カントリースタイルの住宅を作ることができます。薄ピンクや薄い黄色などのヨーロピアンスタイルの家でも、一階と二階で色の濃さを変えた違いが見られます。二階の色をこげ茶・一階の色をベージュにすれば、全体的に落ち着いた印象を与えることも可能です。

屋根と外壁、外壁に挿し色を入れた配色

近年の新築住宅の多くに見られるのが、外壁の主なカラーを1色にし・すのこやレンガ調の外壁で別の色を加えた住宅です。より外壁をオシャレに魅せることができる配色パターンです。例えば、ネイビーの外壁の一階と二階の間に焦げ茶のすのこを使えば、シンプルな印象から少しカントリー風の印象を与えることができます。所々にレンガ調の外壁材を使う住宅もあり、颯爽とした住宅の印象に可愛げのある印象を加えることも可能です。この挿し色が入るだけでも、住宅の印象は大きく変わります。

配色スタイルの例と特徴

次に、配色のスタイルです。配色パターンに合う色を選ぶことで、おしゃれな住宅を所有することに繋がります。

日本らしい落ち着いたスタイル

日本の住宅らしいシンプルで落ち着いた住宅を建てるなら、屋根を黒や焦げ茶など暗い色を使い、外壁の色にベージュや薄茶色を使ったツーカラーの配色がオススメです。悪目立ちしない配色なので、住宅に落ち着き・自然味のある雰囲気を与えることができます。

シンプルモダン

屋根と外壁のツーカラーを少し暗めの色で合わせることで、高級感のあるクールな住宅に変わります。屋根の色を黒に近いネイビー・外壁にパーチメント(暗めの薄緑)またはチャイナクレイ(暗めの薄青)の色を使えば、シンプルでモダンな印象を与えてくれます。

ヨーロピアンスタイル

流行りのヨーロピアンスタイルなら、屋根にレンガ調の2色を使い、外壁にパステルカラーを合わせることで可愛らしい住宅のイメージを作ってくれます。最近の分譲住宅でも、このヨーロピアンスタイルの可愛らしい住宅が増えているので、他の家との配色バランスを合わせやすくもなっています。

シンプルな配色に挿し色を加える

屋根の色に黒や焦げ茶・外壁にベージュや薄茶色を使うことで、全体的に落ち着いた住宅を持つことができますね。更にこの落ち着きのある住宅に玄関周りや一階と二階のつなぎ目に柱風レンガ調の外壁を加えることで、シンプルな住宅に少しオシャレな印象を与えることもできます。落ち着きすぎず、派手すぎずを好まれる方には、大人しい配色にカラフルなレンガ調の柱を加えてみることがオススメです。

色選びの失敗例

ここでは、色選びの失敗例を紹介させて頂きます。予想がしづらい住宅の配色ですので「想像と違った…」ということも十分におこり得ます。典型的な失敗の例を知ることで、住宅の配色選びの参考にして頂けたら幸いです。

光の当たり具合での発色

予想がつきづらい要因の一つとして、光のあたり具合によって色の見え方が変わる点があげられます。住宅の配色は昼と夕方でも見え方が違えば、晴れと曇りの日でも印象が異なります。天候の違いであるため防ぎづらい要因ではあるのですが、雨や雪が多い地域でシンプルモダンな配色を選ぶと全体的に霞んで見えてしまうこともあります。反対に、晴れることが多い地域でビビットカラーの発色を使ってしまうと他の色よりも住宅の色が目立ってしまうこともあり得るのです。

面積効果

面積効果とは、住宅の面積により色の見え方が異なることを言います。例えば、発色の強いパステルオレンジを選択したつもりが、住宅の面積が広いために色が薄くなり、ベージュの色に見えてしまうこともあります。サンプルで見るカラーと実際の家の配色では、同じ色でも見え方が異なりますので、色の配色を選ぶときはサンプルだけではなく住宅の配色を考慮する必要があります。また、発色の強いパステルカラーを住宅全体に使えば、小さい住宅では可愛らしく見えたものの、大きい住宅では派手に見えてしまう場合もあるのです。

周囲の住宅とのバランス

もう一つ、大切な要因として周りの住宅とのバランスがあります。自分好みの配色で構成したい住宅ですが、意外にも周囲の住宅の配色がご自身の住宅の色にも影響を及ぼします。例えば、発色の強いパステルカラーを使ったヨーロピアンスタイルの住宅を、落ち着いたカラーの多い住宅街に建てると配色が目立って見えたり、返ってくすんで見えてしまうこともあります。周囲にヨーロピアンスタイルの住宅が多ければ、通りの統一感もあり浮き沈みのない住宅を持つことにも繋がるのです。

失敗しないためのポイント

失敗してしまうとやり直しがきかない外壁選びですから、失敗しないポイントをおさえておくことで納得ができる外壁選びに繋げてみませんか?ご自身の好きな住宅を参考に、ポイントを考慮した色選びをしてみましょう!

周囲の住宅とのバランスを考慮しよう

第一に考えたい点はもちろんご自身好みの配色ですが、一度周囲の環境を確認してみませんか?周囲の環境に合う配色を選べば、よりおしゃれな家を持つことに繋がるかもしれません。反対におしゃれな家でも、周囲の環境に合わないと配色がくすんで見えたり、浮いて見えたりしてしまうこともあり得ます。シンプルモダンやモノトーン調の住宅が多い高級感のある住宅街であれば、色調を抑えてシックな住宅を楽しむことにも繋がります。反対にカラフルな住宅が多ければ、一階や二階で色を変えたり、レンガ調の挿し色・屋根の色に明るい色を使っても、浮き沈みなく可愛らしい住宅を所有することができます。ご自身の好みと周囲の環境に一番に合う住宅を持つことが、満足できる住宅を持つためのポイントになるのです。

カラーシミレーションを行ってみよう

次に重要なのが、カラーシミレーションを念入りに行うという点です。失敗例にもあるように、住宅は光の明るさや住宅の面積によって色の見え方が異なってきます。サンプルやイメージ図で見た家の写真がとても可愛くても、実際に家を建ててみたら色が濃すぎたり薄すぎたりすることはよくあることです。また、屋根の色と外壁のバランスがズレてしまえば、おしゃれな住宅を持つことの妨げになってしまいます。Webサイト上でもカラーシミレーションを行える機能もあるので、屋根や一階・二階の配色を変えてご自身好みの色を見つけてみましょう。実際の住宅での色の見え方は予想がつきづらい点でもありますので、相談をしているホームセンターや工務店の担当者に詳しく聞いてみることも一つの方法です。好みの住宅の色合いを細かく言語化し伝えることで、ご自身の好みにぴったり合う住宅の配色を決めてみましょう。

おしゃれな外壁のご紹介

最後におしゃれな住宅の外壁をご紹介させて頂きます!

屋根の色を黒・二階を黒に近いグレー・一階を白の外壁にすることで、モノトーン調のおしゃれな住宅を持つことができます。おしゃれなモノトーン調ではありますが、全体的に落ち着いた印象を与えられる点もポイントです。庭やガレッジに生えた木々を活かすことができる配色であり、自然味の深いカントリー調の住宅とシックな住宅の両方を楽しむことができます。

 

木材の外壁を活かして、緑の外壁と茶色のベランダを合わせることでカントリー調の住宅に仕上がっています。窓のふちや外壁の外側に白の挿し色が入ることで、全体的に明るい印象を与えてくれています。木材を活かしつつ、可愛いらしい住宅を持つことを可能にした配色です。

シンプルモダンな住宅を好むなら、屋根にダークカラー・外壁に薄暗いホワイトや薄めの灰色を使用することで、落ちつきがあり高級感もある住宅を持つことが可能です。玄関上の二階部分に使用されたレンガ調グレーの外壁を使えば、モダンで高級感のある印象を崩さずに少しおしゃれ感を加えることができます。

明るさのあるヨーロピアンスタイルの住宅です。全体的に落ち着きがあるものの、屋根に赤に近いオレンジ・二階に白の外壁・一階にベージュのレンガ調の外壁を使用しているなど、遊び心溢れる住宅でもあります。周囲の住宅も落ち着いたカントリー調やヨーロピアンスタイルの住宅が多く、周りの環境と合わせて楽しむことができる住宅です。

 

外壁の配色選びに知っておきたいポイント、いかがでしたでしょうか?失敗をしたくない外壁選びですから、ご自身の好みと周囲の環境に合う住宅を選んだり、カラーシミレーションを行うことで納得ができる住宅選びに繋がります。この記事を参考に、生活がより楽しくなる外壁の配色選びをして頂けたのであれば、大変嬉しく思います 。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

設計士に無料で相談する

関連記事

  1. 知っておきたい外壁材の種類と特徴。失敗しないために知っておきたいポイン…

  2. 注文住宅で植物を上手く取り入れる方法

  3. (コラム)自転車置き場も屋根がほしい