注文住宅で失敗しないためのリビングの間取りの考え方とは

間取りを考える時、一番大切にしたい部屋は?と聞かれたら、ほとんどの人が「LDK」と答えるのではないでしょうか。誰もが毎日を忙しく過ごし、一家団らんできる時間も減少傾向にある時代、家族が集うLDKは家の中でも特に重要視される場所になりました。在宅時間が減っているからこそ、少しでも長く家族と同じ空間で過ごしたいと思う気持ちは当然であって自然な流れですよね。今回は、LDKの中でも「リビング」に焦点をあて、快適に過ごすために気を付けたいリビングの間取りの考え方をご紹介します。

リビングの間取りを決める時の注意点

リビングには快適性が求められます。くつろぎにくいリビングはどうしても居心地が悪くなり、気づけば個室へと足が向いてしまいます。家族みんながゆっくり過ごせるはずのリビングに人がいない…という事だけは絶対に避けたいところです。自然と家族が集まりコミュニケーションが取れる場所になるようリビングの間取りを考える時に注意しておくべき点をご紹介します。

動線

間取りを決める時には「家事動線」と「生活動線」がとても大切になります。

家事動線…洗濯や掃除など家事をする上でよく行き来する経路

生活動線…部屋から部屋へと移動する経路

この2つの動線はリビングの快適性にも大きく影響してきます。例えば、「ソファとテレビの間を通って洗濯物を干しに行く」「客間がリビングの奥にある」など、リビングの真ん中を人がよく行き来する間取りにしてしまうと、イライラしたり気を遣ったりと精神的に落ち着けない空間になってしまいます。ゆっくりくつろげるように動線がリビングを横切らないよう設計しましょう。

家具の配置

広さや方位などでリビングを決めてしまいがちですが、家具の配置を忘れてはいけません。リビングはテレビやソファ、チェストなど大型家具が多く配置される部屋ですので、間取りが決定する前にある程度レイアウトを決めておくと失敗を防ぐことができます。現在持っている家具を新居でも使用する、購入したいと思っている家具がある場合は「その家具が入るのか」「家具の周りに人が通れる余裕はあるのか」「どの向きで配置するのか」も検討しておきましょう。

最近では、収納豊富な家が注目されていますが、レイアウトを考えずに収納を作ると、壁に寄せて家具が置けず、やむを得ず収納をふさいで家具を設置しなければならない可能性もあります。窓も同じ理由で、多すぎると壁の面積が少なくなり家具を配置できなくなるので注意が必要です。立地条件などで少しでも窓を多く取り入れたい場合は、窓の取り付け位置や形を工夫して家具の邪魔にならないよう配置しましょう。

広さ

広いリビングは憧れますが良いことばかりではありません。掃除や移動が面倒というだけでなく、部屋が広くなるほど家具もそれ相応の大きさが必要になります。広い部屋では想像以上に家具が小さく見えてしまうので、普通サイズの家具でも貧相な印象を与えてしまいます。また、空間が間延びしやすくレイアウトの難易度もあがります。限られた面積の中で無理に広くしようとせず、家具のサイズや家族の人数を考慮し、他の部屋とのバランスも考えて決めましょう。

外からの視線

リビングドアと玄関ドアが向き合っている間取りも気になるところです。リビングドアを開けっ放しにしている時に玄関を開けるとリビング内が丸見えになってしまいます。道路から玄関ドアが近い家の場合、通行人や向かいの家からも家の中が見えてしまう可能性があります。玄関ドアとリビングドアは垂直方向、もしくはドアの位置をズラして視線を遮るよう配置した方が気にせずゆっくりくつろぐ事ができます。これはトイレにも同じ事が言えます。また、建売住宅や規格住宅でよく見かける間取りですが、リビングの掃出し窓が道路に向かっているため、カーテンを閉めたままでないと生活できない家も多く見かけます。リビングの先にウッドデッキや庭が広がっていても活用されず、とてももったいない状態になっています。最近では、プライバシー面からも内側に開くコの字型など工夫された間取りも増えてきているので、外からの視線も忘れずにチェックしましょう。

タイプ別間取りとそれぞれのメリットデメリット

manbob86 / Pixabay

リビングにも様々なタイプがあり、どのタイプにもメリットがある一方、デメリットも必ずあります。タイプの性質をしっかり理解した上で、自分にとってメリットが大きいと思うリビングを採用しましょう。

リビング階段

リビング階段は上階に行く際に必ずリビングを通る必要があるため、家族と顔を合わせる機会が増え、自然にコミュニケーションが増えるというメリットがあります。リビングに階段がある事で視覚的にポイントができ、空間にメリハリをつける事ができるのもメリットです。一方、階段から上階へ暖気が流れて行ってしまうため、リビングが寒くなるのがデメリットになります。サーキュレーターや断熱性能の良い家にするなど対策が必要です。また、子供の友人などが来た際には必ずリビングを通るため、他の家族がくつろげないという、リビング階段のメリットがデメリットに感じる方もいます。階段の向きによりスカートなど服装を気にしなくてはいけなくなるので、リビング階段を採用する場合は設置する方向にも注意が必要です。

吹き抜けリビング

吹き抜けリビングの一番のメリットはなんといっても圧倒的な開放感です。見上げるほどの高い天井はデザイン性が高く、オシャレなリビングにする事ができます。また、採光もよくとれるので部屋がとても明るくなります。デメリットは、リビング階段と同じく暖気が天井に溜まってしまい寒くなります。天井にサーキュレーターを設置することである程度防げますが、断熱性能の良さは必須条件になります。また、吹き抜け部分の窓の掃除がしにくい、リビングの音が上階に響きやすいなどのデメリットもあるので、掃除用通路や防音の工夫も必要になります。上階の1部屋を潰して作るという事もあり、後悔する方が多い間取りでもありますので、よく考えてから採用しましょう。

LDKの配置

現在見かけるほとんどの間取りはキッチン・ダイニング・リビングを1ルームとしたLDKが主流になりました。「部屋を分けてほしい。」と自分たちから言わない限り、建築会社も当たり前のようにLDKで提案してくるでしょう。LDK自体は現代の家庭のニーズに合ったものですので問題はありませんが、L、D、Kの配置を決める際、キッチンとの兼ね合いを注意しておきましょう。LDKは1ルームですので匂いが広がりやすくなっています。匂いが気になる方は「性能の良い換気扇を設ける」「コンロの前に壁やガラスを設置する」など対策をしましょう。また、キッチン・ダイニングがリビングから丸見えになるので、常にきれいにしておくか、急な来客の対応が難しい場合はキッチン前に腰壁や袖壁をつけて見えないようにするなど工夫しましょう。

オススメの事例のご紹介

こちらの施工事例は2階にLDKを配置している間取りです。本来隠れている天井裏の空間をリビングに取り込み、高さを出す事で開放感を作り出しています。また、梁がアクセントにもなるので、よりオシャレな空間に仕上げる事ができます。特に2階LDKの場合、建築法の斜線制限などから家の高さを上げられない事が多いのですが、この天井裏を利用する方法は家本体の高さを変更する必要がないのでおすすめです。また、リビングからキッチン内が見えないような間取りになっており、コンロ前面も壁にしているため、ニオイが広がりにくくなっています。

こちらは音楽鑑賞のためにたくさんのCDを壁面収納にしている事例です。奥には1段あがった小部屋が作られており、普段は腰をかけて音楽鑑賞、引き込み戸を閉じると1部屋としても使う事ができます。ソファと置く場合、ある程度のスペースが必要になってきますが、部屋に段差をもうける事でソファを置かなくても一息つける空間を作り出せます。段差が空間のアクセントにもなり、省スペースでリビングが実現できるので、面積に余裕のない家におすすめです。

リビングと和室を共有している間取りです。最近はミニマリストの影響もあり、ソファを置かない選択をする方も増えてきています。「やっぱり畳でゴロッと寝ころびたい。」「子供の昼寝場所としても和室は必要」という理由からも、リビングに隣接して和室を設ける方は今でもたくさんいます。しかし、限られた面積で和室とリビングの両方を作る事が難しい場合も少なくありません。そのような時はリビングをあえて畳にしてしまうという選択もあります。スペースを有効活用できるので、親世代との二世帯住宅でもおすすめです。

間取りの考え方まとめ

一番大切な事は「リビングでどんな風に過ごしたいのか」を考えることです。今までのリビングは「ソファ+テレビ」というレイアウトを基準とした間取りがほとんどでしたが、最近は色々な用途を併せもった多目的空間に変化してきています。ゆっくりテレビを見ながら過ごす事はもちろん、「ワークスペースや子供のスタディスペースを取り入れたい」「自転車のメンテナンスをしたい」「ボルタリングをしたい」など、ただゆっくり過ごすためだけの場所ではなく、家族の気配を感じつつ各々がしたい事ができる「リビング=共有スペース」へと認識が変わってきているんですね。家族全員が一緒に過ごす事が難しくなってきている現代では、リビングに求めるものが家庭によって違ってくる事はとても自然な流れなのかもしれません。

また、ネットやSNSの普及でたくさんの施工事例やオシャレなリビング写真などを見ることができるようになりました。「家は自分の城であり、自分を表す場所」にもなり、個性的なリビングも多く見かけるようになりました。様々なアイデアを見ることができ、自分の家に取り入れることができるのはとても魅力的ですが、目移りするあまりに自分たちが本来求めていた「リビング」を見失いがちな点で注意が必要です。できあがったリビングが自分たちに合わず、くつろげないリビングになってしまっては居心地の良さを感じることは難しくなってしまいます。自分たち家族は「どんな風にリビングで過ごしたいのか」「リビングに求めていることは何なのか」をしっかり忘れないようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

設計士に無料で相談する

関連記事

  1. 注文住宅の失敗しない間取りとは?間取りの決め方まとめ

  2. 武蔵野で注文住宅を建てたい!エリアの特色と相場のポイントをご紹介

  3. おしゃれなキッチンで料理したい!おしゃれなキッチンにするポイントは?

  4. 埼玉で注文住宅を建てたい!人気エリアの相場と建てる時の注意点について!…

  5. 文京区で注文住宅を建てよう!エリアの特色と相場のポイントをご紹介

  6. (コラム)街とかかわりを持つ

  7. 注文住宅で植物を上手く取り入れる方法

  8. 狭小住宅とはどんな物件?注意点とメリットとは