注文住宅の相談から完成までの流れと期間はどれくらい?

家を建てたいと思っても入居までの流れがよくわからず、最初の一歩が踏み出せない方もいらっしゃるのではないでしょうか。注文住宅を建てる時の流れを把握しておく事は不安を解消するだけでなく、家賃など費用の節約にも大きく影響します。また、「子供が小学生になるまでに引っ越ししたい。」など具体的に入居時期を決めている方は、新生活をスムーズにスタートできるようしっかり流れを掴んでおきましょう。今回は、家を建てるスケジュールと引き渡しまでにかかる期間、抑えておくべきポイントをご紹介します。

注文住宅の全体の流れとは

「内覧にいって住宅ローンを組む」という簡単な手続きで済む建売住宅や中古物件の購入とは違い、土地を購入して家を建てる場合はたくさんの段取りが必要になります。流れがわからないまま計画を進めてしまうと余計な費用や時間がかかってしまいますので、しっかりスケジュールを把握してから家作りを始めましょう。

相談する前に

建築会社に相談しに行く前に家族で決めておくことがあります。家づくりのプランを決めずに出向いても、それ以上話を進める事ができないので、自分たちの要望がどんなものなのか、家族であらかじめ纏めてから建築会社に出向きましょう。

・イメージをかためる

「どんな雰囲気の家が好みなのか」「〇LDKにしたいのか」「どんな暮らしを送りたいのか」「絶対に外せないもの」などできる限り詳しく書き出しましょう。あれもこれもと要望が溢れてしまいますが、予算がある限り全てを叶える事は難しいので、優先順位も決めておくと満足度の高い家ができます。

・住みたいエリアを決める

通勤通学時間、周辺環境、生活の利便性などを考慮し、住みたいエリアを決めておきます。「どこまでのエリアなら許容範囲なのか」「土地条件の優先順位」も考えておきましょう。また、「希望エリアが大体どのくらいの相場なのか」「物件が出回る頻度」などを日頃からチェックしておく事も大切です。

・総予算を決める

マイホーム計画で一番大切な事は「資金計画」です。自己資金から出せる「頭金」や住宅ローンの返済可能額を具体的な金額で設定しましょう。住宅ローンは「ローンが組める金額」ではなく、「日常生活を維持しながら無理なく支払える返済額」が基本です。家作りは奥様が主導になって動くケースが多く、旦那様と予算額の相違がよくあります。家作りがスタートしてから設定金額を変更すると全てを変更しなければならないので、しっかり夫婦間でコミュニケーションを取り予算を決めましょう。また、予算オーバーした場合、土地か建物どちらに重点を置くのかも決めておくと尚良いです。

全体の流れとスケジュール

計画から引き渡しまでの流れをご紹介します。全てが滞りなくスムーズに進んだ場合の最短スケジュールですので、人によってはもっと期間が必要になります。

比較検討…1~2ヶ月

資料請求をしたり住宅展示場や完成見学会などに足を運んで建築会社を比較検討する期間です。建築会社での相談は1社で大体2時間ほどかかるため、あまりに多くの会社を巡るとスタート前に燃え尽きてしまいますので、ある程度候補を絞って訪れるようにしましょう。数社に絞れたらラフプランや概算見積もりを出してもらい、その会社で家を建てるとどのくらいの費用が必要になるのかも把握しておきましょう。同時進行で土地探しも進めるとよりスムーズに進みます。

土地と建物の仮決定…1~3週間

気に入った土地が決まったら、お願いしたい建築会社に建てたい家が建築可能な土地なのか見てもらった後、買付証明書を不動産会社に提出しましょう。買付証明書とは購入の意思表示をする書類で法的拘束力はありませんので、購入を見送る場合はキャンセルする事ができます。しかし、悪質と判断されてしまうと本契約を快諾してもらえない場合もありますので購入を前提に提出しましょう。この時点で住宅ローンの事前審査を受けておくと安心して本契約に進めます。

買付証明書を提出した後、建物プランと概算見積もりを建築会社に作ってもらいます。住宅ローンの金額が事前審査から大幅に増額した場合、本審査で通らなくなる可能性があるので、できる限り詳細に作ってもらいましょう。細かい仕様まで決める事は予算オーバーを防ぐことにも繋がります。

土地と建築会社の契約…2週間~1ヶ月

「土地の売買契約」と「建築会社の請負契約」をします。先ほどの説明した通り土地の買付証明書には法的拘束力なく早いもの勝ちになりますので、「絶対にこの土地がいい」と決めた物件はできるだけ早く売買契約を交わしましょう。もし、土地の購入を迷っていたり土地の売買契約期間に余裕があるようでしたら、建物プランの修正を先にする事をおすすめします。おすすめする理由は土地を先に契約してしまうと、建物にあてる予算幅が完全に決まってしまうためです。土地をまだ契約していない場合、建物にこだわりがでて予算オーバーしてしまっても安い土地を探し直す事ができますが、契約後では予算内に抑えるか予算オーバーしか選択肢はありません。注文住宅を選択している方は何かしら家にこだわりがある場合が多く、予算オーバーも起こりがちですので建物プランを修正してから土地の売買契約に移った方が満足度は高くなるでしょう。

着工までの最終打ち合わせ…1ヶ月~2ヶ月

・住宅ローンの本審査

・土地の所有権移転

・建物プラン・仕様書の最終決定

などがあります。この期間が一番忙しく、人によってかなりバラつきが出てくる部分になります。特に建物プランは、壁紙や照明、コンセントや窓の取り付け位置など細かいところまで全てを決定しなければなりません。打ち合わせ回数も一番多く必要な期間で、なかなか決める事ができずに数ヶ月かかってしまう方も少なくありません。着工するまでは、休日のほとんどが打ち合わせに費やす必要があると思っておきましょう。

工事期間…3~6ヶ月

土地の所有権移転が完了したら、いよいよ工事が始まります。ここからは建築会社が主体となって進めてくれるので1つ1つの工程を指示する必要はありませんが、流れを把握しておけるようザックリご紹介します。

・確認申請(1~2週間)

・地鎮祭

・地盤調査(改良が必要な場合は1週間程度)

・建物工事(上棟から完成まで2~3ヶ月半)

・中間検査

・外構工事

年度始めに新生活を始められるよう年始から春先にかけて引っ越しを希望する方が多く業者が込み合うため、この時期に完成予定の方は工期が遅れてしまう事がよくあります。また、雨や台風・雪など天候が崩れやすい時期も工事が中断してしまう場合もありますので、季節も考えておくとよりスムーズに進められます。

引き渡し・引っ越し…1ヶ月

・竣工(完成検査)

・住宅ローン決済

・住宅設備の説明(鍵の引き渡し)

引っ越しも繁忙期はなかなか予約が取れずに延期せざるを得なくなる場合があります。新生活が滞りなく送れるよう時期を考えて引っ越しをする方がいいでしょう。シーズンオフでしたら料金も半額近くに抑える事ができますのでおすすめです。

計画から入居までおよそ9~12ヶ月

全ての計画が問題なくスムーズに進んだ場合でも入居まで9~12ヶ月かかるケースがほとんどです。注文住宅は天候や打ち合わせの都合などで期間が延びる事がよくあります。入居時期を決めている方は遅延の可能性も含めて最低でも1年以上前から計画しておくことをおすすめします。また、ギリギリの日程で家を建ててしまうと、土地・建築会社選びや家の仕様など大切なところにじっくり時間をかける余裕がなく、後悔を生んでしまう可能性が高くなります。一生に一度になるであろう大きな買い物ですので、理想の家になるよう十分な余裕をもって計画しましょう。

失敗しないためにここだけは抑えたいポイント!

総予算の内訳

総予算の中には「家本体」「土地」「諸経費」の大まかに分けて3つの費用がかかってきます。特に注意が必要なのが「諸経費」です。この諸経費は総費用の5~10%ほどかかってきますので決して安い金額ではありません。「家」+「土地」で予算を組み、建築会社や土地を探す方が多いのですが、入れずに計画すると、予算オーバーもしくは建てたい家が建てられなくなる可能性がありますので注意しましょう。また、諸経費は自己資金で支払うものがほとんどですので、ある程度の自己資金を準備しておく事も必要です。

家の構想

注文住宅はほとんどの内容を自分たちで決定していかなければならないため想像以上に忙しく、1つ1つゆっくり考える時間があまり取れません。はっきりとイメージが固まらないまま工事が進んでしまうと、「あんな風にしたかった」「イメージと全然違った」と後悔する事も少なくありませんので、「どんな家にしたいのか」「どんな暮らしを送りたいのか」具体的に家族でしっかり話し合っておきましょう。最近では、SNSやアプリで施工写真から間取りまで簡単に探せるので、好みの画像をプリントアウトして建築会社に見せましょう。話すよりもしっかりイメージが伝わり、伝え忘れも防げます。

大幅な期間延長

土地探し

土地から購入する方は大幅に長引く可能性があります。すぐに目当ての土地が見つかればいいのですが実際には難航することが多く、中には何年もかかる方もいます。最低でも目安期間+6ヶ月は見込んでおく方が無難です。

工法

建物には様々な工法があります。ユニット系鉄骨住宅は約2ヶ月、鉄筋コンクリート住宅は約6ヶ月と工法により工事期間が大幅に変わってきます。今回ご紹介した期間の目安は木造住宅の場合になりますので、自分の建てたい家はどの工法で建てる必要があるのか、どのくらい工事期間がかかるのか建築会社に確認しておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

設計士に無料で相談する

関連記事

  1. (コラム)余計な空間がゆとりとなる

  2. 文京区で注文住宅を建てよう!エリアの特色と相場のポイントをご紹介

  3. 東京で注文住宅を建てたい!人気エリアの相場と建てる時の注意点について!…

  4. 武蔵野で注文住宅を建てたい!エリアの特色と相場のポイントをご紹介

  5. 八王子市で注文住宅を建てよう!エリアの特色と相場のポイントをご紹介

  6. 大田区で注文住宅を建てよう!エリアの特色と相場のポイントをご紹介

  7. 東京都江東区で注文住宅を建てよう!エリアの特色と相場のポイントをご紹介…

  8. (コラム )誰がつくるかも重要>