注文住宅で失敗して後悔しないための重要な対策5つまとめ

注文住宅の一番のメリットといえば、自分の好みや生活スタイルを住宅に反映できる点にあります。しかし、その代わり注文住宅には、失敗の事例が多いことも事実です。この記事では、注文住宅で起きやすい失敗の事例と失敗する原因・失敗を防ぐための方法について紹介しています。失敗の事例や原因を知ることで、満足できる住宅を建てることに繋げて頂けたら幸いです。

注文住宅を建てる時によくある失敗ケースとは?

まずここでは、注文住宅によくある失敗のケースを紹介させて頂きます。住宅や家族構成、生活スタイルにより失敗する事例は様々ですが、よく見られるもので収納スペースが足りない・子供部屋の数が足りないなどがあります。

収納スペースが足りない

注文住宅の失敗で多い事例の1つに、収納スペースが足りないことがあります。1軒の住宅に対する収納スペースの数が足りないことはもちろん、押入れやキャビネットが狭いために収納スペースが少なく感じられるパターンもあります。収納スペースが足りないと閉まっておきたいものがリビングや台所に直に置かれたり、改めて収納スペースを購入したりするなど更に手間がかかってしまうのです。住宅全体に収納スペースが多くても、一つの部屋に対しての収納スペースが足りなければ、一つの部屋で快適な生活を妨げることにも繋がります。

子供部屋の数が足りない

次に、失敗の事例として多いケースが、子供部屋の数が足りないことです。お子さんが大きくなると、1人に対して1部屋を持ちたいと念願されますね。建築当初は、お父さんとお母さんの寝室が一つ・お子さんの部屋が一つあれば十分と考えていても、やはり大きくなったお子さんとしては自分の部屋が欲しい!と思ってしまうものです。また、子供部屋の広さが十分にとられていないことも、子供部屋に起きる失敗の例です。

玄関が狭い

リビングやキッチン、ダイニング、バスルームを広くするために、玄関の広さを狭くとる場合があります。しかし、意外と物が溢れるのが玄関です。靴の種類もたくさんあれば、傘や靴磨き・靴ベラなど玄関に置きたいものはたくさんあります。玄関を狭くとるということは、玄関の収納スペースを狭くすることにも繋がります。玄関の収納スペースが狭いと、玄関に靴が散らかってしまう原因になるのです。

リビングや玄関に吹き抜けを利用したら予想以上に寒かった

リビングや玄関に利用される吹き抜けですが、住宅を広く見せたり明るく・おしゃれに見せたりできるメリットがあります。しかし、吹き抜けを利用したことで、予想以上に寒かったという事例が多く存在するのです。吹き抜けを利用すれば冷暖房効率も悪くなりますので、断熱効果のある住宅を建てるなどの配慮が必要になります。

外壁デザインの失敗

住宅デザインで失敗するケースに、外壁デザインの失敗があげられます。他人からもよく見られる場所が、住宅の外壁ですから外壁の見た目が悪いと長い間モヤモヤを抱えることに繋がってしまいます。予想より色が濃く出てしまった、近隣住宅の外壁との色のバランスが取れず、自分の住宅だけ浮いてるように見えるなどの失敗例があります。

照明スイッチとコンセントの配置

住宅内の細かい箇所での失敗例は、照明スイッチやコンセントなど電源に関わるものです。特に、玄関の証明スイッチが離れた場所にあると、帰宅時に明かりをつけることが困難になります。また、コンセントが足りなかったり、コンセントの位置が少しずれている場所にあると、掃除機をかける際にコンセントが足りない…と困ってしまうこともあるのです。

注文住宅の建設費用が高くなった

建築費用が高くなってしまうことも、注文住宅での失敗例の一つです。よくある住宅とは違う材料やデザインを取り入れるほど、建築費用は高くなります。加えて、注文住宅は初期に契約した料金にプラスして、追加料金がかかる場合があります。後になって予想より費用がかかってしまったと、後悔する事例も多く存在するのです。

失敗してしまう原因をピックアップ

 

次に、注文住宅を建築する際におきる失敗の原因について解説させて頂きます。

収納スペースを考慮しきれていない

収納スペースが足りなくなる失敗の事例が多い理由には、収納スペース以外の場所を重視してしまい、収納スペースの確保が後回しになってしまう点にあります。住宅の見た目に趣がいきがちな注文住宅ですが、収納スペースを確保することはとても重要です。収納スペースが少ないと物をしまうことができず、物が散らかってしまうことにも繋がります。物が散らかってしまば、せっかく建てたこだわりの住宅を活かすことができなくなってしまいますね。予想以上にしまいたい物は増えてきますので、少し多めに収納スペースを確保することが大切です。

将来の生活予測ができていない

将来の予定をあらかじめ予測するというのは、難しいことでもあります。しかし、将来の予測をある程度把握しておかないと、部屋数が足りないという失敗を起こしてしまいがちです。住宅の構造や土地の広さを考慮すると、後々に部屋数を増やすことは困難です。また、費用が余分にかかってしまうことにも繋がります。予測をすることは難しいとは思いますが、住宅を建てる前にどのくらい部屋の数が必要かを把握しておくことはとても大切なことなのです。

生活動線を配慮していない

快適な住宅を建築するには、生活動線に配慮をした住宅を建てる必要があります。例えば、家事を行いたいお母さんやお父さんにとって、洗濯・調理・小さいお子さんのお世話ができる場所は、同じ部屋もしくは隣の部屋にあると嬉しいですね。反対にそれぞれの部屋が遠くにあれば、余計な労力を使うことになってしまいます。また、キッチン一つをとっても、調理動線を考慮しておくと効率よく家事を行うことができるようになります。冷蔵庫・調理台・コンロが三角形の位置にあり、収納棚も三角形の近くにあることで、調理時の余分な動きを減らすことができます。

家具を置いた後の予測ができていない

部屋が予想以上に狭かったと失敗してしまう理由として、家具を置いた後の状況が予測できていないことにあります。例えば、住宅が建った当初の部屋は広いと感じても、家具を置いたら狭いと感じてしまう場合もあります。ダイニングやリビングなど大きな家具が必要な場所には、どのくらいの大きさの家具をおくことになるか、家具を置いたら部屋の広さはどのくらいになるのかを考慮しておきましょう。こだわりの家具を置くなら、尚更部屋の広さや部屋とのバランスを考慮する必要があります。

断熱・防音対策ができていない

住宅を建築する上で意外と忘れがちな点が、断熱や防音など住宅の機能にかかわる要素です。住宅のデザインや生活動線を活かした住宅を建てることができたとしても、外からの音がうるさかったり、部屋が暖まりづらければ快適な生活を妨げることになってしまいます。反対に、道路近くにお風呂をつくったことで、お子さんの声が外に響いてしまい失敗したということもあるのです。

失敗しないために絶対おさえておきたいことまとめ

最後に、注文住宅で失敗をしないためのポイントを紹介させて頂きます!

部屋ごとに収納スペースを確保する

住宅のデザインやレイアウトと同時に、収納スペースの確保をしておきましょう。収納スペースが足りないという理由には、もともとの収納スペースが足りなかったというだけでなく、後々に物が増えてしまうケースもあります。各部屋に必要な収納スペースですが、少し大きめに設計しておくと良いでしょう。

家族の生活スタイルを把握しておく

部屋数が足りない、家事をする時の負担が大きいという失敗を防ぐためには、あらかじめ家族の構成や生活スタイルを予測しておくことが大切です。住宅を建てる前に部屋の割り振りをしておけば、ご自身やご家族がどのように住宅を利用するのか予想することができます。住宅の見た目や機能面も大切ですが、生活スタイルや家族構成は住宅のレイアウトを決める上で大事な要素です。

いつか設置するなら初めから

不便に感じたら後で追加・修正しよう!と思っても、リフォームにお金がかかれば理想通りにリフォームすることができないのが住宅です。いつか設置しようは、結局設置しないになるケースがほとんどです。こだわりの住宅や快適な生活を送るためには、いつか…ではなく初めから建てるを意識しておきましょう。

家具や内装デザイン・レイアウトを予測しておく

予算を減らす上で、どの部屋に費用を使い・どの部屋で費用を抑えるかということが重要になります。しかし、玄関が狭くて使いづいらなど、削った後のレイアウトが予測できないと、住宅の一つ場所でとても不便を感じることになります。また、家具が増えたら部屋が狭く感じるパターンもあります。多少の住宅の知識が必要になりますが、生活スタイルの予測ができるまで内装デザインやレイアウトを認識しておくことで、後々の失敗を防ぐことに繋がります。

最初から設計士に相談をする

住宅のデザインや機能・快適なレイアウトなど、住宅に関することをご自身で考えることはとても難しいことでもあります。そのため、住宅に詳しい設計士に相談をしてみてはいかがでしょうか。ホームメーカーで住宅を注文すると、営業担当が相談を受けるケースがほとんどです。しかし、住宅のことを詳しく知っている設計士に最初から相談すれば、ご自身のこだわりを反映しつつ、失敗を防ぐことにも繋がります。追加料金がかかりやすい注文住宅ですから、設計士に相談することで大幅な追加料金を減らすことができるかもしれません。内装デザインや住宅の機能を適切に反映しつつ、失敗を防ぐためには初めから設計士に相談をすることがおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

設計士に無料で相談する

関連記事

  1. 土地と建築会社はどちらを先に決めるべき?

  2. (コラム )誰がつくるかも重要>

  3. 世田谷区で注文住宅を建てたい!エリアの特色と相場のポイントをご紹介

  4. 杉並区で注文住宅を建てたい!エリアの特色と相場のポイントをご紹介

  5. おしゃれな狭小住宅、コンパクトハウスを建てたい!おすすめなデザインをピ…

  6. 東京都江東区で注文住宅を建てよう!エリアの特色と相場のポイントをご紹介…

  7. 注文住宅と分譲住宅の違いとは?メリットをご紹介

  8. 土地を購入する時に必要な費用とは?