東京で注文住宅を建てたい!人気エリアの相場と建てる時の注意点について!

東京で注文住宅を建てたい!と憧れをもっている人はとても多いです。しかし、東京は他の都市と違い人口密度が非常に高く、一般的に知られている注文住宅で気をつける注意点とは別に気を付けなければならないポイントがあります。今回は夢のマイホームを叶えるために是非知っておきたい「東京で家を建てる時に注意したいポイント」をご紹介します。

注文住宅とは?建売住宅との違いについて

まず始めに注文住宅と建売住宅の違いをご紹介します。どちらにもメリットデメリットがありますので、自分たちにとってどちらがメリットの多い選択肢なのかチェックしておきましょう。違いを知る事で自分が家に求めている価値観を明確にする事ができ、あとあとの後悔を防ぐ事ができます。これからご紹介するのは「注文住宅」と「建売住宅」の違いになりますが選択肢にはその他賃貸やマンションなどもあります。

間取り

注文住宅と建売住宅の一番の違いは「間取り」にあります。建売住宅はその名の通り「建っている物件」を購入するので自分で間取りを決める事ができません。中にはこれから建てようとしている建売住宅を「自由設計」と謳って販売している場合もありますが、規格が決まっているので住宅設備や外壁・内装の色を決めるくらいしか自由はないでしょう。規格以外のオプションを追加した場合は高額になるケースがほとんどです。一方、注文住宅は完全自由設計になるので自分の要望を叶える事ができます。予算設定がある限り全てを叶える事は難しいかもしれませんが、自分のライフスタイル・その土地に合ったベストな間取りを…と考えているなら注文住宅をおすすめします。

総費用

建売住宅は同じ仕様・規格の家を一括でたくさん分譲し、部材・人件費などでコストダウンしているため、注文住宅より総費用が安い傾向にあります。(1棟1棟違う場所で建てている分譲の場合は注文住宅とさほど変わらない金額の場合も。)ローンに関しても手続きがスムーズで諸経費用も安く済ませる事ができます。一方、高額と思われている注文住宅の場合でも最初にしっかりと予算を伝え、その予算内で調整してもらえば建売と大きな金額の差を出さずに建てる事も充分に可能です。注文住宅でできるだけ予算を抑えるのであれば、たくさんの要望の中から譲れないこだわりを明確にし、取捨選択していく事がポイントです。

品質

建売住宅は家の棟数で利益が出るような仕組みになっているため、建築会社はしっかりとした良い家を建てる事よりも数をこなす事を一番に考える傾向にあります。現場監督も何十棟もの家を少人数で管理しなければならない場合が多く、1棟でも早く建てて利益を出せるよう品質チェックより大工や業者のスケジュールや段取りがメインになってしまいがちです。また、現場をチェックしにくる施主もいないので壁をふさいでしまえば誰かに指摘される事もありません。一方、注文住宅の場合、品質が悪いとたちまち悪い評判がたち会社が営業できなくなってしまうため、一定レベル以上の品質を確保します。建っている現場に施主がチェックしに行く事もでき、職人さんとコミュニケーションも取れるので、結果満足のいく仕上がりになる可能性が高くなります。

土地

建売会社は売れ残らないために家よりも立地にこだわっている事が多く、個人では購入できないような大規模の土地を区画割して販売する方法も取れるため、良い立地がでやすい傾向にあります。大型の分譲地などは景観も考えられ綺麗に整備されており、購入する年齢層もある程度決まっているので住みやすいメリットがあります。ただ、昔からの家が建ち並ぶエリアや駅前などは大きな土地を買い占める事が難しいので大型分譲地は駅から離れたエリアである事が多いです。注文住宅の場合、土地を持っている人以外は自分たちで土地を探さなければなりません。すんなり見つかれば問題ありませんが、東京の土地探しは難航する場合が多く、いい土地に巡り合わず諦めなければならない場合もあります。土地探しには長い期間が必要になる事を想定しできるだけ早めに行動を取るように心がけましょう。また、日当たりや土地の規制条件など素人では判断しにくい部分もあるので建築会社に協力してもらいながら探す方がいい土地に巡りあう可能性は高くなるでしょう。

期間

建売住宅は家が既に建っている状態なので契約さえ済ませればすぐに引っ越す事が可能です。一方、注文住宅は土地・建築会社の選定から引き渡しまで全てスムーズに進んだとしても1年から1年半はかかってきてしまいます。いつまでに引っ越したいなど期日がすぐ迫っている場合は建売住宅を選択せざるを得ない時も。余裕がある場合でもこだわりがたくさんある分、期間も必要になってくるので注文住宅を建てたい場合は早すぎるのでは?と思うくらいで丁度いいかもしれません。

xegxef / Pixabay

人気エリアとエリアごとの予算はどれくらい?

赤羽

「子育てするなら北区が一番」「長生きするなら北区が一番」を掲げている街「北区」。東京・新宿方面どちらへのアクセスも良く、北区のターミナル駅として公共交通がとても充実しています。大型スーパー・商店街などの生活利便も良く、大きな公園もある事から大人世代だけでなく子供も住みやすい住環境です。再開発により地域の学校も教育レベルも上昇傾向にあり、図書館などの公共施設も充実しています。「通勤アクセス」「生活利便性」「教育機関の充実」「積極的な子育て支援の取り組み」などを理由にファミリー層から支持されている街です。

赤羽エリアの相場

平均坪単価290万/坪

赤羽駅から250mほどの距離では410万円/坪、600mほど離れると150万円/坪と都内23区の中では比較的安い相場になっています。

八王子

高尾山で有名な「八王子」も子育て世代に人気のエリアです。東京ですが生き急いだ忙しなさがなく、ゆったりとした時間が流れており、自然も豊かで落ち着いた暮らしができる魅力があります。交通利便性も京王電鉄・JR東日本が通っており、各方面にアクセスでき新宿も約40分、バスの路線も充実しています。生活面でも駅前に豊富なショッピングモール、最先端の医療設備が揃う病院もあり不便はありません。待機児童も都心に比べて大幅に少なく共働きのファミリーにもおすすめです。都内に比べて地価もお手頃であることも魅力的です。

八王子エリアの相場

平均坪単価143万/坪

八王子駅から250mほどの距離では165~180万円/坪、600mほど離れると90~140万円/坪と都内に比べて安い相場になっています。

小岩

小岩は東京最東に位置する江戸川区にあります。再開発により最先端の都会的な雰囲気と昔ながらの良き下町の雰囲気の両方を感じられる昨今注目のエリアです。交通利便はJR総務線があり、新宿まで乗り換えなし、東京も約20分とアクセス良好です。駅前には商店街や大型スーパーも広がっており生活利便も申し分なしです。近くを流れる江戸川の河川敷にはグラウンドもあり、スポーツや散歩などが楽しめます。江戸川区は教育制度が充実しており、学校が休みの日でも預かりがある事業を実施していたり、保育所も毎年できるなど子育て支援体制が整っています。公園もたくさんあり、道もフラットでベビーカーも利用しやすい街ですので子育て世代にピッタリではないでしょうか。再開発で整備が進んで今後に期待が集まるエリアですので地価も上昇傾向にあります。検討しているのであれば手が届くうちに購入しておいた方がいいかもしれません。

小岩エリアの相場

平均坪単価133万/坪

八王子駅から250mほどの距離では255万円/坪、600mほど離れると115~130万円/坪と東京23区内では安い相場になっています。

東京で一戸建てを建てる時のおすすめポイントと注意点は?

土地

東京で注文住宅を建てる時、一番難航するのは「土地探し」に他なりません。東京はどの都市よりも人口密度が圧倒的に高く、都心に至ってはどこにも土地がない状態です。土地持ちの人以外はまず土地探しに多くの時間が必要になる事が予想されます。注文住宅は引き渡しまで年単位の期間が必要になってくるので、土地探しが困難な東京の場合は更に余裕をもっておく事をおすすめします。また、希望エリアに土地を見つけたとしても、日当たりや坪数・建築制限など土地の条件が悪い場合も少なくありません。見つけた土地が自分の要望を叶えられる土地なのか建築会社に相談する事は必須条件になります。土地選びに失敗しないためにも一人で土地探しをするのではなく、最初に建築会社を選定し相談しながら一緒に土地を探してもらうようにしましょう。

費用

東京で家を建てる場合、狭い土地に家を建てる可能性が高く、必然的に「狭小住宅」を選択する事になります。狭小住宅は坪単価が一般的な住宅に比べ割高になる傾向がありますので予算内で家を建てられるのか確認しておく必要があります。エリアによっては防火対策が必要であるなど更にコストがかかる場合もあるので注意が必要です。また、東京は地価も高いため、総予算の中から土地にかける割合がどうしても多くなります。土地に費用をかけすぎて建物が建てられず計画倒れになってしまわないよう総予算もついてもしっかり計画しましょう。

隣家トラブル

東京の住宅街は家が密集しているエリアが多く、隣家との距離も近い傾向にあります。騒音やプライバシーなどでトラブルになってしまうと、どんなに素敵な家ができあがっても快適な暮らしは送れません。ご近所にトラブルになりそうな人がいないか土地を購入する前に調査しておく事をおすすめします。隣家と良好なおつきあいができそうかどうかは家が建ってからの暮らしに大きく影響する大切なチェックポイントです。

建築会社の選定

東京は気を付ける注意点が他の都市と少し違う事から建築会社の選定がとても大切になってきます。その土地にそぐわない家になってしまっては住み心地も悪く、せっかくの注文住宅が台無しです。何十年先でも快適に過ごせるよう、「東京」という土地柄をしっかり理解していて、尚且つ狭小住宅の実績が豊富な建築会社を選ぶようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

設計士に無料で相談する

関連記事

  1. 世田谷区で注文住宅を建てたい!エリアの特色と相場のポイントをご紹介

  2. 土地を購入する時に必要な費用とは?

  3. 犬と共に暮らす。理想の注文住宅を作るには

  4. おしゃれな狭小住宅、コンパクトハウスを建てたい!おすすめなデザインをピ…

  5. 建築家による作品展開催のお知らせ

  6. 武蔵野で注文住宅を建てたい!エリアの特色と相場のポイントをご紹介

  7. 西東京市で注文住宅を建てよう!エリアの特色と相場のポイントをご紹介

  8. (コラム)街とかかわりを持つ