埼玉で注文住宅を建てたい!人気エリアの相場と建てる時の注意点について!

度々テレビで揶揄される事もある埼玉ですが、「都心よりもゆったりと生活ができ、住宅費用も抑えられ、都心へのアクセスも良好」と昨今人気が急上昇しています。駅周辺は再開発が本格的に進み、綺麗に整備された街並みは洗練されたイメージがあり、住み心地も以前に比べて格段にアップしています。今回は東京にはない埼玉の魅力を人気エリア・土地相場と合わせてご紹介します。埼玉県でマイホームを検討している方や東京近辺で家探しをしている方は是非参考にしてください。

注文住宅とは?建売住宅との違いについて

まず始めに注文住宅と建売住宅との違いをご存知でしょうか?同じ一戸建てでも各々特徴があり、入居するまでにやるべき手順や期間に大きく違いがあります。家探しをする前に注文住宅と建売住宅のどちらを選ぶ方が自分たち家族にとってとメリットが多いのか把握しておきましょう。ちなみに今回は注文住宅と建売住宅の比較をご紹介していますが、他にも分譲マンション・中古物件などの選択肢もあります。

入居までの期間

建売住宅は完成済みの家を販売しているのでローンが通り、売買契約ができればすぐに住み始める事が可能です。一方、注文住宅は土地探し・住宅プランニング・工事期間が必要になり、全ての工程が滞りなく進んだとしても1年ほどかかります。注文住宅を建てる方の多くは入居の2~3年前から動き始めており、家にこだわりがある方は更に期間が長くなる傾向にあります。注文住宅を検討している方で入居したい時期が決まっているのであれば、余裕をもったスケジュールと早めの行動を心がけましょう。

住宅費用

住宅費用をできるだけ抑えたいのであれば建売住宅の方が安くなります。建売住宅は同仕様同規格にする事で人件費や材料費をコストダウンしています。一方、注文住宅はオリジナルの設計になるため、部材や設備は単品発注、職人さんの手間もかかるのでどうしても費用は高くなってしまいます。「注文住宅を建てたい!予算も抑えたい!」という方は相談に訪れた際にしっかり予算を提示しましょう。最近ではローコストを得意とする建築会社もありますので建売住宅とあまり変わらない金額で建築する事も可能です。

また、住宅ローンに関してですが建売住宅は「土地+建物」セットで販売されている建築済み物件ですので手続きが非常に簡単でスムーズに進められます。一方、注文住宅は契約が複雑で自己資金が必要な場面も出てきす。注文住宅を考えている方は費用の流れをしっかり把握しておきましょう。

土地

建売会社は物件が売れ残らないよう立地に力をいれています。また、個人では買えない広い土地を区画分けして販売するなどの戦略も取れるため、一般で土地を探すよりも良い立地の建売物件が多い傾向にあります。特に大型分譲地は分譲内の道路や街灯なども新しく、景観も考慮されているので綺麗な街並みになっています。入居者全員が新しい人なのでご近所つきあいがしやすいメリットも。一方、注文住宅の場合、何より難航するのが土地探しになります。人気エリアでは建築条件なしの土地を見つける事も難しいかもしれません。いい立地であるのにどの業者も手をつけない土地は何らかのクセがある場合が多いですが、建売会社にとって強いクセでも自分には何ら問題ない土地の場合もあります。そのような土地はかなり狙い目ですので見逃さないためにもので自分だけで判断せず建築会社に相談してから購入を決めましょう。

間取り

どちらの住宅でも家の中で一番気になる部分が間取りではないでしょうか。建売住宅は建築済み住宅ですので広さや雰囲気など自分の目で実物を確認できます。間取りを失敗するリスクを冒したくない方や既に決まっているほうが気楽でいいと思う方は建売住宅で満足できるでしょう。しかし、中には使い勝手の悪い間取りが採用されている建売住宅もありますので注意が必要です。また、建売は規格住宅ですので大型分譲地ではほとんど変わらない間取りの家が並んでいる場合もあります。一方、注文住宅は完全自由設計ですので、自分が家でしたい事やどんな生活を送りたいかなどライフスタイルに合った間取りにする事ができます。自分のこだわりが詰まった家は暮らしやすさはもちろん、家にいる時間が自然と長くなり家族とのコミュニケーションが増える事も。家にこだわりをもっている方は注文住宅をおすすめします。

家の性能・品質

建売住宅の場合は建築会社(工務店)に1棟〇万円という契約方法を採用している場合が多く、更に請負金額も低いため職人さんたちは「質より量」を求めがちです。現場監督や職人の数も少数で施工を任される事が多く、チェックがおろそかになってしまう事も。特に家の躯体や断熱材などの内部は目には見えない部分はふさいでしまえばわからないのでずさんな施工になっている事が多い箇所です。一方、注文住宅の場合、悪い口コミは会社の信用問題に直結してしまうので、品質が確保できる仕事をする会社が多いです。また、建築途中の現場に施主がチェックしに行く事ができるので施工ミスの防止にも繋がります。

東京で注文住宅を建てたい!人気エリアと相場について

埼玉県の人気エリアとエリアごとの予算はどれくらい?

大宮

住みたい街関東ランキングでも急上昇している「大宮」は、埼玉県の中でも定番の人気エリアです。なんといっても大宮の一番の魅力は都心へのアクセスの良さと商業施設の豊富さがあげられます。大宮には埼京線・JR京浜東北線など6路線が通っており、東京・渋谷・池袋などの主要ターミナルへ乗り換えなしで行く事ができます。都心部だけでなく横浜方面へのアクセスも良く、通勤・通学が非常に便利な街です。また、大宮は新幹線の停車駅になっており、出張が多い方や単身赴任者を持つ家族の拠点エリアとしても人気があります。生活利便性でも申し分なく、駅周辺には大型ショッピングモールや若者に人気のセレクトショップが軒をつらねており、わざわざ都心に出向かなくても欲しいものは揃える事ができます。近くには東京ドーム14.5個分にもなる「大宮公園」があり、春にはたくさんの桜が咲き誇り、また園内には児童遊園地や小さな動物園、陸上競技場や水泳場など体育設備も充実しています。再開発が本格的にスタートしているので、これからますます発展が期待されるエリアです。

大宮エリアの相場

平均坪単価232万/坪

大宮駅から250mほどの距離では570~1020万円/坪、600mほど離れると200万円/坪と埼玉県内では一番高いエリアになっています。都心へのアクセスや買い物の充実さなど便利で大変住みやすい街ですので、予算が合致するのであれば埼玉県で一番おすすめできるエリアです。

浦和

浦和も大宮と同じく埼玉県で常に1.2を争う人気のある街です。浦和はJR京浜東北線・宇都宮線・高崎線の3路線が通っており、都心の主要ターミナルまで乗り換えなしで行く事ができます。高速道路のICも近いためレジャーなど県外へ出かける時も非常に便利なエリアです。生活の利便性は浦和駅東口開発により大型ショッピングモールなどがオープンし、おしゃれなセレクトショップなども入っているので欲しい物は不便なく揃える事ができます。駅前は賑やかになりましたが、大宮よりもガヤガヤしすぎず落ち着いた雰囲気があります。駅から少し離れると閑静な住宅街が広がり、風俗店などが条例禁止とされているため治安もとても良いです。また、浦和は教育の街としても有名で学力アップに力を入れています。有名な進学校もあり、全国的にも知られる文教都市でもありますので、子育て世代に特におすすめできるエリアです。

浦和エリアの相場

平均坪単価171万/坪

浦和駅から250mほどの距離では230~420万円/坪、600mほど離れると120万円/坪と大宮よりも安い坪単価になっていますが埼玉県内では高めの価格です。都心へのアクセスが良く、人気エリアに住みたい方・子供の学力向上を重視しているファミリー層におすすめです。

川口市

人口60万を超え、今も増え続けている人気の街「川口市」。川口市は収支が全国1位ということもあり、行政サービスの質の良さが最大の魅力です。「中学生まで医療費免除」「市営施設の使用料が市内在住なら半額」「子供向け科学教室が無料」など、こどもをもつ子育て世代には嬉しいサービスが充実しています。交通の利便性では、池袋まで約20分でいく事ができ、隣の赤羽駅は7路線が通っているので、赤羽駅で乗り換えればどの方面にも行く事が可能です。生活の利便性は駅周辺にSOGOをはじめ、たくさんの店舗がありますので普段の買い物で困る事はありません。また、自動車で行けるイオンなどの大型ショッピングモールも数店舗あるため、ファミリー層に嬉しい施設も豊富です。都心よりも住宅費用を抑えられ、住民税も安く、市の設備も充実しているなど生活面での魅力がたくさんある街です。

東京で注文住宅を建てるなら設計士無料相談の建栄へ

川口エリアの相場

平均坪単価212万/坪

川口駅から250mほどの距離では380~650万円/坪、600mほど離れると110~220万円、1kmほど離れると100/坪と埼玉県では高めの価格になっています。人口が増え続けており、価格も上昇し続けています。検討しているのであれば高騰する前に買っておくべきかもしれません。

埼玉県で一戸建てを建てる時のおすすめポイントと注意点とは?

埼玉県は河川や低地が多く、南部は地盤が緩いエリアが点在しています。大雨による浸水や近い将来くると予想される大地震の懸念もあるのでエリア選択は慎重に行いましょう。また、地盤の補強工事をする必要があった場合の費用もあらかじめ予算の中に組み込んでおくと安心です。埼玉県で注文住宅を建てたいけれど、どのエリアがいいのかわからないという場合は全国区で営業しているハウスメーカーより地元密着の工務店がおすすめです。地盤だけでなく街の雰囲気や周辺環境など知り尽くしているので具体的なアドバイスを聞く事ができ、災害時のアフターメンテナンスにも素早い対応が期待できます。

経験豊富な設計士にお家のこと無料相談しませんか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

設計士に無料で相談する

関連記事

  1. 犬と共に暮らす。理想の注文住宅を作るには

  2. 注文住宅で失敗して後悔しないための重要な対策5つまとめ

  3. (コラム)街とかかわりを持つ

  4. 注文住宅で失敗しないためのリビングの間取りの考え方とは

  5. コラム<ハーフユニットのすすめ>

  6. 北区で注文住宅を建てたい!エリアの特色と相場のポイントをご紹介

  7. 世田谷区で注文住宅を建てたい!エリアの特色と相場のポイントをご紹介

  8. 注文住宅で植物を上手く取り入れる方法