西東京市で注文住宅を建てよう!エリアの特色と相場のポイントをご紹介

2001年に田無市と保谷市が合併してできた新しい街「西東京市」。市名に「西」と入っているのに東京都の中央北に位置し、当時の都知事にも「北じゃないの?」とツッコまれた過去があるようです。そんな西東京市は農業と都市がうまく共存した「少し田舎だけど、便利な街」というのが特徴で、東京23区に一番近い市で、都心へのアクセスもよく、ファミリー世帯を中心に人気のあるエリアです。今回は西東京市がどんな街なのか、おすすめエリアと共にご紹介します。都心部に近く「少しでも広い家に住みたい!」と、お考えの方にピッタリな穴場的エリアですよ。

西東京市ってどんな土地?西東京市のエリア情報をご紹介

人口と面積

西東京市の人口は約20万人で面積は約15.85 k㎡。コンパクトシティですがたくさんの人が住んでおり、人口密度が非常に高い街です。住民の多くが都心部で働いており、昼間の人口が少ないのが特徴で、ベッドタウンとして栄えています。家族数平均が都内よりも多いことから、ファミリーが多く住んでいる街といえます。人口も増加傾向にあります。どのエリアに住んでいても15分ほどで23区に移動でき、住宅街も大きく広がっているので注文住宅を建てるにはピッタリのエリアではないでしょうか。

交通アクセス

西東京市は私鉄「西武鉄道」が2路線通っています。市の北側を東西に「西武池袋線」が横断、市のやや南側を東西に「西武新宿線」が横断しています。西武新宿線より南側のエリアは、隣接している武蔵野市にあるJR中央線「武蔵境駅」の方が利用しやすい場所もあります。急行を利用した場合はどの駅からでも新宿、渋谷まで約25分で行く事ができます。吉祥寺にも1度の乗り換えで行け、都心部や人気の街までどこへでも簡単にアクセスできる便利さがあります。車での移動も便利なのが西東京市。青梅街道、五日市街道、所沢街道など主要道路が市内を通っており、どの方面への移動も便利です。都心部である23区と自然の多い多摩エリアの間にある立地もアクセスがいいと言われる理由の1つです。

自然が豊か

農家がまだ数多く残っている西東京市は自然が豊かな街です。住宅街にも畑があり、野菜の無人販売所も各エリアに点在。いつでも新鮮な野菜が手に入ります。また、西東京市には「石神井川」や「白子川(新川)」が流れており、水が豊かな街でもあります。春には川沿いに並んだ桜を眺めながら散歩が楽しめ、東京でありながらも心豊かにのびのびとした生活が送れます。その他にも田無市と保谷市の統合を記念して作られた「いこいの森公園」をはじめ、「都立小金井公園」「東大農場」「東伏見公園」「西原自然公園」など緑溢れる公園がたくさんあり、自然を感じながらのんびりくつろげます。他にもパワースポットとして注目されている田無神社、総持寺、東伏見神社などの境内林も豊富です。

おすすめスポット

世界一多くの星を投映できるプラネタリウムとしてギネスに認定された「多摩六都科学館」。2012年に導入されたプラネタリウム投映機「CHIRONⅡ(ケイロンⅡ)」は1億4000万以上の星を投影でき、奥行き感のある映像はまるで本当に宇宙にいるような錯覚におちいるほどのリアルさです。専門スタッフによる生解説はとても丁寧でわかりやすく、宇宙の最新情報や2ヶ月ごとのテーマ変更など、何度来ても飽きない内容になっています。また、館内にはたくさんの展示物をはじめ、「重力体験」「地震や竜巻のメカニズム」「生物の進化」など科学を体験できるものが多く、小さなお子様から大人まで年齢問わず楽しむ事ができます。

東京で注文住宅を建てるなら設計士無料相談の建栄へ

子育て環境

西東京市は公立保育園(市内5ヶ所)に「子育て支援センター」を設置しており、園庭開放や遊び部屋の設置などを行っています。就学前のお子様を持つ親子だけでなく、まだ子どものいない夫婦の参加もOKなど対象が幅広い事も大きな特徴です。専門家から教わる「子育て講座」「子育て相談」はもちろんのこと、「芋ほり体験」や「祭」など家族が楽しめる行事も充実しています。また、西東京市は周辺地域との行政連携している事も大きな特徴です。「東久留米市」「清瀬市」「小平市」「東村山市」と「多摩北部都市広域行政圏協議会(通称:多摩六都)」を形成しており、図書館の共有やスポーツ大会、体験型イベントなど子供たちの「学び」「遊び」の場を5市合同で支援する取り組みも実施しています。共働き世帯が気になる保育所は44ヶ所、学童は33施設と充実しています。待機児童は150人ほどいますが、都心に比べると少ない傾向です。市が少人数保育を進めているので質の高い保育サービスを受けことができるのも嬉しい点です。通学路には防犯カメラが設置されているなど子どもへの安全面も心配なさそうです。

西東京市の土地の相場感とおすすめエリア

ひばりヶ丘駅エリア

農家が数多く残り、駅から離れると畑が点在している「ひばりヶ丘」エリア。西東京市の北側に位置し、すぐ上は埼玉県になります。交通アクセスは「西武池袋線」が通っており、池袋まで乗り換えなしで約15分、新宿・渋谷までは約30分で行く事ができます。西武池袋線は通勤ラッシュが激しい沿線ですので、通勤通学者にとってはマイナスポイントになるかもしれません。そして、ひばりヶ丘の最大の特徴であり、一番の魅力ポイントは駅南側にある大型商業施設「パルコ」です。高級スーパー「クイーンズ伊勢丹」や「無印良品」も入っており、必要なものはほとんど揃える事ができます。更にパルコ以外にもニトリなどが入った商業施設があり、その中にある「西友」は深夜まで営業しているので遅い時間帯の買い物も安心です。駅の北側は小規模商店街や雑居ビルが並んでおり、少し乱雑なイメージがありますが、再開発が進行中で綺麗に整備される予定です。土地価格が安く、交通アクセスも日常の買い物も便利。金銭的負担をできるだけ抑え、こだわりの注文住宅に住みたいなら、とてもおすすめできる穴場的エリアです。

ひばりヶ丘駅の相場

「平均坪単価92万/坪」

ひばりヶ丘駅から200mほどの距離では約160万円/坪、500mほどで約100~120万円/坪、1km離れると70~85万円/坪で土地を購入する事ができます。東京都内では比較的安い相場になっています。北側と南側で便利さや環境が違うので、土地を購入する際は周辺環境を確認してからにしましょう。

田無駅エリア

緑が多く、のどかな環境で暮らせる田無駅エリア。街全体の治安もよく、穏やかでゆったりとした雰囲気があり、落ち着いた生活をしたい方にとてもおすすめです。交通アクセスは「西武新宿線」が通っており、新宿・池袋まで約30分、渋谷まで約40分で行く事ができます。西武新宿線は他の沿線より比較的混雑が少なく、朝6~8時は田無駅始発が出ています。始発電車に乗ればゆったりと座って移動できるのは通勤通学者にとっては大きな魅力です。駅北口側は約90の専門店が並ぶ「田無ASTA専門店街」や西友・無印などが入った「リヴィン田無店」があり、周辺には4つの商店街があります。八百屋や飲食店などもあり、日常生活で困る事はありません。駅前は賑やかで徒歩10分ほどで住宅街に入ります。駅南口側は大きな商業施設はなく、昔ながらの飲食店が建ち並んでいます。徒歩2.3分で閑静な住宅街が広がり、日中でもとても静かなエリアです。近場には東京ドーム17個分の敷地面積をもつ「都立小金井公園」があります。サイクリングやボート、テニスなどのスポーツができ、BBQを楽しむ事もできます。休日にはレジャーを楽しむ家族でとても賑わいを見せています。生活利便を優先するなら北側、ゆったりとした環境を優先するなら南側がおすすめです。どんな暮らしがしたいか、どんな風に過ごしたいか、自分のライフスタイルに合わせてエリアを選ぶといいでしょう。

田無駅エリアの相場

「平均坪単価110万/坪」

田無駅から150mほどの距離では約250万円/坪、500mほどで約100~120万円/坪、1kmで約70~95万円/坪で土地を購入する事ができます。東京都内では比較的安い相場です。駅の北と南、どちらにも住宅街が広がっていますが街の雰囲気は大きく違っています。北側は利便性、南側は落ち着いた環境といえます。街全体の治安はいいので大きな心配はいりませんが、夜は人通りが少なく、場所によっては街灯がほとんどない道もあります。土地を購入する際は、夜道も含め、自分の足で周辺環境をしっかりチェックしてからにしましょう。

西東京市で家を建てる場合に注意するポイント

西東京市は高度成長期に人口が急増した街でもあります。急な人口増加で区画整理が追いつかないまま開拓された経緯があり、曲がりくねった道が多く、複雑に入り組んでいます。駅前は再開発などで整備されてきていますが、住宅街はまだまだ細い道が多いのが現状です。通りが1つ違うだけで生活のしやすさが大きく変わってくる事もありますので、特に自家用車をお持ちの方は、土地を購入する前に「どの道がどの通りに出るか」「一方通行などはないか」など、ルートチェックをしておきましょう。また、住宅街に入ると夜間は暗くなるエリアもあります。街灯の数や明るさなど、購入前に一度は夜道を歩いてしっかり確認しておく事をおすすめします。ネットにはたくさんの土地情報が溢れています。ルートや夜間環境などをチェックしながら希望条件を満たす土地を探すにはとても時間がかかります。忙しくて土地を探す余裕がない場合は、土地勘のある地元の建築会社に相談してみるといいでしょう。利便性や環境を考慮しつつ、建てたい家に合致した土地を一緒に探してくれるので土地選びの失敗を大幅に防げます。「アクセスの利便性」「生活の利便性」「土地の広さ」「予算」など、希望している条件の優先順位をつけておくと、土地が見つけやすくなります。注文住宅を検討する際には日頃から家族でしっかり話し合って意見をまとめておくのも理想の家を建てるために大切なポイントです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

設計士に無料で相談する

関連記事

  1. 文京区で注文住宅を建てよう!エリアの特色と相場のポイントをご紹介

  2. (コラム)戸建てか?マンションか?

  3. 八王子市で注文住宅を建てよう!エリアの特色と相場のポイントをご紹介

  4. (コラム)雨樋の存在感をなくす

  5. (コラム)収納の増やし方

  6. 注文住宅で失敗しないためのリビングの間取りの考え方とは

  7. 注文住宅と分譲住宅の違いとは?メリットをご紹介

  8. 土地を購入する時に必要な費用とは?