注文住宅で植物を上手く取り入れる方法

植物のある暮らしって素敵ですよね。植物がたくさん並べられたオシャレな部屋を見て、「こんな生活がしたいなぁ…」なんて憧れを抱く方も多いと思います。緑があるだけで不思議と気持ちが明るくなりますし、何より癒されますよね。今回は癒し効果抜群の「植物」を取り入れた住宅をご紹介します。一言に「植物」といっても、家で緑を感じる方法はたくさんあります。設計段階で考えておくべき条件などもご紹介していますので、これから家を建てる方は是非参考にしてください。

植物がある暮らしで得られるメリット

癒し効果が抜群

植物って見ているだけで心が落ちついて安らぎますよね。気持ちが沈んでいる時には「よし!頑張るぞ!」と前向きな明るい気持ちにもなれます。緑色は人に安心感・新鮮感を与えるカラーです。心身ともに癒す効果があると言われており、緊張を緩和する鎮静作用があります。更に「植物」という自然が合わさることでリラックス効果、リフレッシュ効果が倍増します。

DarthZuzanka / Pixabay

オシャレな空間になる

「オシャレだなぁ」と思う家には必ずといっていいほどある「植物」。建物だけポツンとある家と、キレイに植樹された家。与える印象は大きく違いますよね。植物は家のアクセントに欠かせないアイテムです。植物には数えきれないほどたくさんの種類があるので、インテリアテイストも選ばず、どんな外観や部屋にも違和感なくマッチしてくれます。最近では、エアプランツや多肉植物など管理の楽な植物も人気で、「育てる」というハードルが低く、気軽に取り入れられるようになりました。部屋に飾る方法も壁にひっかけたり、ダウンライトの電球に入れ込んだりと様々。植物の成長を楽しむだけでなく、どんなディスプレイにするか悩んだりする楽しみもあります。

kian2018 / Pixabay

植物が育つ環境は人にとっても良い環境

植物が育つために必要なものは「日光」「水」です。「カーテンを開けて陽の光を取り込む」「水やりをする」など、植物に必要な事をすることで決まった習慣ができます。何気ない習慣ですが、毎日のルーティンはくずれがちな体内時計を整えることができます。また、「風通し」も植物にはとても大切で、淀んだ空気はよくありません。一日一度、窓をあけて換気することで空気をリフレッシュすることができます。新鮮な空気が家の中にあることは人にとっても良い室内環境になります。

清潔を保てる

植物も生きているので、できる限り長生きしてほしいですよね。高価な庭木や人からプレゼントされた植物なら、なおさらです。部屋が散らかっていると管理がしにくくなりますし、せっかくの植物も埋もれてしまっては台無しです。「オシャレな部屋を保ちたい。」「虫がつかないように管理したい。」など、育てていると自然に思うようなことが部屋を綺麗に保つ原動力になります。

注文住宅で植物を取り入れる方法

部屋に飾る

今すぐにでも始められるグリーンライフといえば、観葉植物を部屋に飾る方法です。観葉植物が一つあるだけで部屋はグンとオシャレになります。天候を気にせず室内で管理でき、場所も取らず、気軽に育てられる利点があります。室内で育てることで虫がつきにくいというメリットも。最近は、観葉植物だけでなくハーブやレタスなど料理に使える植物も育てる人も多く、栽培方法もハンギングや水栽培など様々。ボタニカルインテリアも人気になっています。

外構で植物を植える

戸建注文住宅を建てるなら是非こだわってほしいのが「外構」です。敷地内に植樹があるのとないのとでは同じ建物でも印象が大きく違ってきます。植える場所によって、窓を通して室内からも緑を楽しむことができます。日当たりのいい部屋の前に落葉樹を植えると、緑が生い茂る夏は日陰を作り、葉が落ちる冬には暖かい光を室内に取り込んでくれます。一年を通して四季を感じることができるのも魅力の一つです。玄関前に植樹して通りからの目隠しなどに利用する方法もあります。敷地に余裕がない場合はシンボルツリー1本でもいいので是非植えてみてください。一気に家の外観がオシャレになりますよ。

jeonsango / Pixabay

外壁に植物を這わせる

昔からある洋館などでよく見られる外壁に植物が這っている壁面緑化も素敵ですよね。外壁に這わせることで外壁の温度上昇を防ぎ、室内を涼しく保つ効果があります。紫外線による外壁の劣化を防いでくれるメリットも。冬には植物の蒸散作用から乾燥を防いでくれるとも言われています。這わせる場合はみすぼらしくならないよう常緑性のものがおすすめです。植物を万が一取り除くことになった場合大変であること、電線や隣家に伸びていかないよう手入れが必要な点で注意が必要です。また、植物を植える土台と植物自体の重さを家が支えなければならないので建物の強度も考慮しましょう。カフェ風や個性的な雰囲気の家にしたい人におすすめです。

窓からの借景

公園や神社、近隣の家に植えられた植栽など、緑豊かな場所が近くにあるなら、是非窓から借景を取り込みましょう。窓を通して見える借景はまるで切り取られた絵画のように見え、とても美しいのでおすすめです。敷地に余裕がなく植樹できない環境でも家の中に緑を取り込めるメリットがあり、落ち葉や花びらの片付けなども気にしなくていい利点も。敷地面積が狭く、庭を作りたくても作れない人や植物を育てるのが苦手で面倒な人にもおすすめです。植物だけでなく川や海などの景色でもよく使われる方法で、目線が抜けるので部屋を広く見せる効果もあります。

植物のある暮らしは設計段階から

完成している家でも植物のある生活を送ることは充分に可能ですが、設計段階から考えておくことでさらに心地よい暮らしを実現することができます。

部屋で植物を育てたいなら置き場所を確保

陽の光があれば育てられる植物ですが、緑溢れる暮らしをしたいなら設計の段階で置き場所を考えておくことをおすすめします。最初は一つ二つしかなかった観葉植物がどんどん増えていくことはよくあることで、居住スペースを圧迫してしまう可能性もあります。部屋の中でも光が入る場所は限られてくるため、バルコニーや掃出し窓の前を占領してしまい、動線の邪魔になってしまうこともしばしば。植物で癒されるはずが住み心地を悪くする邪魔ものになってしまってはもったいないので、たくさん植物を置きたいと考えている場合は設計段階でスペースを確保しておきましょう。植物は成長するので鉢などのサイズも大きくなっていくことも合わせて想定しておくと安心です。また、ハンギングで上からたくさん植物を吊るす場合は、あらかじめ天井に補強を入れておくと土の重さを気にしなくて済みますよ。

暗い場所は屋外の植物でカバー

家が密集している都会では、光を取り込める部屋は限られており、どうしても暗くなってしまう場所が出てきます。そのような場所は屋外の植物が映えて見えるような設計にするのがおすすめです。暗い部屋は屋外の景色が明るく、とても鮮やかに見えるので植物の緑がとても映えます。無理して室内に植物を置くのではなく、外構の植栽に視線がいくようにしましょう。光を浴びてイキイキとした植物は思っている以上に綺麗ですし、抜ける視線を作ることで広く見え、明暗は部屋を立体的に見せる効果があります。

植栽などの外構は設計段階で決めておく

外構はできるだけ設計の段階で組み込んでいくようにしましょう。「家」と「外構」を別々で考えてしまうと、庭とリビングの繋がりが分断されてしまい、植樹のメリットが活きにくくなってしまいます。一年を通して変わっていく太陽の傾きと植える場所をしっかり考えておくと、木陰や木漏れ日ができ、心地よい家になります。具体的にどの木を植えるかなどの詳細は後々で問題ありませんが、庭とリビングの関係性をどうしていきたいのか設計段階で決めておくとスムーズです。室内側から植物がどう見えるのか、どうやったら景色として切り取れるのかも設計に入れ込んでおけると、家のどこからでも緑を楽しむことが可能ですし、必要な場所にだけ植えることでメンテナンスも楽になります。また、植栽や庭などの外構は想像以上に費用がかかります。費用が回らず敷地内に建物だけがポツンとある寂しい家になってしまわないよう、外構費用も含めた資金計画をしておきましょう。早い段階で決めておくのは資金面でもメリットになります。

植物のある家にしたいなら建築士がおすすめの理由

植物に溢れ、心地よい家を作るなら設計士にお願いすることがおすすめします。先ほどご紹介した植物を置くスペースや北側リビングを活かす方法、借景などは設計段階から考えておくことが大切なポイントです。建売住宅では間取りの変更はできず、外構は最低限度で完成させる場合がほとんどです。ハウスメーカーは建物本体に重点をおくので、外構との繋がりが分断されがち。会社によっては完全自由設計の場合、オプションだらけになってしまうこともあります。一方、建築士は住み手にとって心地よい暮らし・ライフスタイルなど「家でどのように過ごしていきたいか」に重点を置いて設計をします。また、「建物だけ」ではなく、「外構を含めた敷地全体で一つの家」として考えるので外観も統一感のある仕上がりが期待できます。太陽の傾きや借景をどう取り入れるかも建築士が腕の見せ所でもあり、プロだからこそできる設計でもあります。資金計画の面でも外構費用を含めた総予算で金額の調整をしてくれるので大幅な予算オーバーを防げるというメリットもあります。

まとめ

快適な暮らしをおくるには高気密・高断熱や耐震など住宅性能が一番重要とされていますが、どれだけ性能が優れていても殺風景な家はどこか寂しく、あまり魅力的に感じるものではありませんよね。精神的に安らげる、癒される住まいを作ることは、機能面と同じくらい大切です。これから注文住宅を建てようと検討している方は、植物のある暮らしで更に心地よいマイホーム計画を目指してみていかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

設計士に無料で相談する

関連記事

  1. 土地と建築会社はどちらを先に決めるべき?

  2. 都会でも自然の多い家に住みたい!緑の多いお家づくりのポイント

  3. 絶対失敗したくない外壁の色!失敗しない色選びポイントと人気の色

  4. (コラム)土地選びのツボ

  5. 府中市で注文住宅を建てよう!エリアの特色と相場のポイントをご紹介

  6. 文京区で注文住宅を建てよう!エリアの特色と相場のポイントをご紹介

  7. (コラム)余計な空間がゆとりとなる

  8. 注文住宅の土地探しのポイントと注意点とは?後悔しないための土地選びとは…