(コラム)景色がなければ、景色をつくろう

「窓の外はキレイな景色」
なんてシチュエーションを自宅で実現出来たらうれしいですよね。
庭づくりの手法として「借景」というものがありますが、都市部の近隣環境ではそもそも借景となる景色もなかったりします。

そんな場合に有効なのが、自分で景色をつくるという手法です。

正確には壁などを立ち上げて近隣住宅や見えてほしくない景色を消してしまうという手法なのですが。
見えてほしくない景色を消した上で、部分的にキレイな景色や空が広がるような部分があれば、そこだけ切り取ってしまう。
利用したい景色がない場合は壁で囲ってしまって植栽を施すと中庭が出来上がります。

 
樹木や植物が季節ごとに彩りを変えるさまを身近に感じながら過ごす暮らし方は、日常の中に穏やかな心地良さを与えてくれますよね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

設計士に無料で相談する

関連記事

  1. 都会でも自然の多い家に住みたい!緑の多いお家づくりのポイント

  2. コラム<ハーフユニットのすすめ>

  3. 注文住宅で失敗しないためのリビングの間取りの考え方とは

  4. 府中市で注文住宅を建てよう!エリアの特色と相場のポイントをご紹介

  5. (設計士コラム)予算から考える、暮らし方

  6. 調布駅前

    調布市で注文住宅を建てよう!エリアの特色と相場のポイントをご紹介

  7. 西東京市で注文住宅を建てよう!エリアの特色と相場のポイントをご紹介

  8. (コラム)天井は高い方が良いの?