(コラム)街とかかわりを持つ

都市化が進むにつれて近隣との関係も薄くなってきていますよね。それと連動して街並みも閉鎖的になってきているような気がします。
土地も高いですし敷地目一杯に建てなければならない状況も有るかもしれませんし防犯上、開放的なプランでは不安という声も聞きますが、
プランを工夫することで街並みと丁度良い距離感を保つことも可能です。

このメディアの監修設計士の記事はこちら

駐車スペース、駐輪スペースを兼ねた空地を道路側にレイアウトしバランスよく植栽することで空間に奥行「たまり」が出来ます。

その「たまり」に向けて室内空間を開放し

その「たまり」から室内空間にも関係性を持たすことで縁側のような中間領域が発生して、街とかかわりを持つスペースが出来上がります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

設計士に無料で相談する

関連記事

  1. 府中市で注文住宅を建てよう!エリアの特色と相場のポイントをご紹介

  2. (設計士コラム)予算から考える、暮らし方

  3. 狭小住宅とはどんな物件?注意点とメリットとは

  4. 北区で注文住宅を建てたい!エリアの特色と相場のポイントをご紹介

  5. 武蔵野で注文住宅を建てたい!エリアの特色と相場のポイントをご紹介

  6. (コラム)天井は高い方が良いの?

  7. (コラム)急な雨も気にならない物干

  8. 注文住宅のこだわりポイント!おしゃれで快適なリビングを作りたい!