建栄の住宅相談

建栄の注文住宅相談

建栄は「ご希望通りの家をつくる」会社ではありません。依頼者の完成後の暮らしが充実したものになるように、技術・経験・ノウハウを駆使してご提案ができる、そんな一歩進んだ設計工務店を目指しています。
建栄の強みは、なんといっても「設計士による洗練されたデザイン力と、経験豊富な大工の施工力が一つになったバランスの良さ」にあります。
これまでに、通常では建築がむずかしい狭小地にも、積極的に「緑のある暮らし」を建築してきました。土地が狭くて住宅を建てるのがむずかしいといった条件の悪い時こそ、ぜひ一度当社にご相談ください。
考えるプロとつくるプロが知恵を出し合い、お客様に最適のご提案をいたします。

このようなお悩み・疑問をお持ちの方は
ぜひ私たちにご相談ください。

  • 注文住宅を建てたいけれども、何から始めていいのかがわからない
  • 建築費用が全部でどのくらいになるのか不安だ
  • 住宅ローンの相談にものってもらえるのだろうか
  • 建栄は、ほかのハウスメーカーとどこが違うの
  • 住宅が完成したあとのメンテナンス費用を知りたい

依頼者の気持ちを形にする

注文住宅を新築する際に、あれこれ希望はあるものの、実際に盛り込めるものなのか悩まれるかと思います。また情報を得れば得るほど、何を採用すべきなのか加減がわからなくなることもあるでしょう。

設計士は希望の一つ一つを整理し、短期・中期・長期にわたる生活の変化も考慮した上で、盛り込むべき要素をしぼっていきますので、思いついたことは遠慮せずに話してみてください。設計というと、どうしても「間取り」をつくることと思われがちですが、設計は間取りもつくるのですが、どちらかというと結果として間取りをつくる仕事なのです。本当ははじめに、依頼者の「人生設計」を考えます。人生設計の中の一部(中でも一番大きな買い物にたぶんなります)に「家づくり」があるからです。

したがいまして、「家づくり」は、ある程度おかれている環境と想定している将来を反映させる要素が多くあります。その後の暮らしが充実したものになるための器づくりですので、家はできたけど余裕なしというのでは楽しくありません。選ばれる土地や風景、楽しいことや大切なことは、人それぞれ違います。その一つ一つの個性と気持ちを形にしていくのが、設計なのです。

・暮らし方
・生活動線
・窓から見える風景
・光の入り方
・風の抜け方

など、様々な要因を組み合わせながら、それぞれの特徴がより色濃く表現される空間づくりを考え、依頼者の気持ちを形にする。そのための道具が「設計図(間取り)」となります。

お客様のご要望・質問を
設計士に直接ご相談できます

建栄では、注文住宅建築の無料相談を承っております。
皆様から聞かせていただいた様々な疑問や不安に対して、設計室長の竹内柾人が、専門家のアドバイスをしっかりとお届けします。もちろん、どんな分野のご相談も大歓迎。土地相談・資金計画・建て替えなど、幅広く対応が可能です。

「でも、まだ契約していないのに相談をお願いしづらいです。」
「一度だけ相談にのってもらっても、決めることはたくさんあるし……」

安心してください。相談はもちろん無料です。相談の回数や時間にも、制限を設けておりません。当社が誇る設計のプロフェッショナルに、納得のいくまでご相談ください。

竹内柾人の設計実績はこちら

建栄の建て替え相談

これまで暮らしてきたマイホームが、経年劣化や家族構成の変化などで、暮らしづらくなってきた……そんな時に候補に上がってくるのが、「建て替え」と「リフォーム」です。
トイレを交換するといった小規模な変更であればリフォームでこと足りますが、変更が広範囲にわたる場合は、思い切って「建て替え」を検討してみてはいかがでしょうか。

「建て替え」とは?

建て替えとは、文字通り「現在の建物を解体して新しい家を建て直すこと」をいいます。建て替えとよく比較されるリフォームの場合、洗面台を交換するような限定された工事から、ほぼ建て替えに近い大規模な工事まで規模は様々です。工事の規模に関わらず、基礎を残して建物や器具の変更・修繕などをおこなう工事を「リフォーム」。基礎まで壊して、まったく新しい建物を建てる場合は「建て替え」と覚えておけば間違いないでしょう。

建て替えが推奨されるケースとは

  • 建物が古くなり生活に支障が出る場合
  • 耐震補強など、リフォーム費用が非常に高額となる場合
  • 間取りを大きく変更したい場合
  • 子供の独立など、ライフスタイルが大きく変化した場合
  • 将来建て替えた家を引き継いでくれる人が決まっている場合
  • 新しく家を建てる資金に余裕がある場合

建替えのメリット・デメリット

建て替えとリフォームのどちらを選べばいいのか正しく判断するためにも、建て替えのメリットとデメリットをしっかりと理解しておく必要があります。
その上で、お客様の財政事情やライフスタイル、今お住みになられている住宅の状態などを総合的に判断して、建て替えをおこなうかどうかを決めていただければと思います。

建替えのメリット

  • 間取りや使い勝手の不満をほぼ解消できる
  • 新しくてきれいな建物に住める
  • トイレ・キッチンなど、設備が最新式
  • 現在の安全基準に適合した耐震性能で建築される
  • 新たに最低10年以上の瑕疵担保責任保証がついてくる
  • リフォームローンよりも、条件の良い住宅ローンが利用できる

建替えのデメリット

  • リフォームに比べて建築費がかなり割高になる
  • 工事期間が長い(3カ月〜半年)
  • 仮住まいや引越し費用などが余計にかかる
  • 新たに不動産取得税や登録免許税が発生する
  • 建ぺい率や接続道路幅などにより、法的に建築の制限を受ける場合がある

まず何から始めればいいの?

建て替え工事は、基本的に下記の流れにそっておこなわれます。詳細につきましては、お問い合わせフォーム・FAXから、いつでもお気軽にご相談ください。お急ぎの方はお電話でどうぞ。

建て替え工事の流れ

  • 1お問い合わせ
  • 2ご面談
  • 3現地確認
  • 4ファーストプラン+資金計画書とご提案
  • 5住宅ローンのご提案
  • 6設計契約
  • 7確認申請
  • 8確認許可
  • 9請負工事契約
  • 10解体工事
  • 11地盤調査
  • 12着工
  • 13完了検査
  • 14引き渡し

1お問い合わせ

建て替えをお考えになりましたら、まずはお問い合わせフォームやFAXからご相談ください。お急ぎの方はお電話でのお問い合わせが便利です。

2ご面談

お客様のご都合の良い日に、建栄事務所で面談の時間を設けております。希望する間取りや設備、予算など、何でもご相談ください。(お問い合わせ後、すぐに現地確認に入らせていただく場合もございます)

3現地確認

当社の設計士がご自宅を訪問して、住宅状況の確認や必要箇所の採寸をおこないます。また面談時の相談内容以外にも新たな希望等が出てきた場合は、遠慮なくお聞かせください。

4ファーストプラン、資金計画書をご提案

現地確認とヒアリングの結果を基に、設計プランと資金計画書をご提示いたします。計画のコンセプトや特徴、10年後・20年後・30年後に考えられるシチュエーションなどについてもご説明させていただきます。完成して終わりではなく、生涯を通じてどの程度お金がかかりどのように費用をかけていくかという点も重要なポイントですので、丁寧に時間をかけて話し合いをさせていただきます。

5住宅ローンのご提案

住宅ローンを利用する場合は、「どのくらい借り入れが可能か」「固定金利と変動金利のどちらがいいか」などを考慮しながら、お客様へ最適なローンをご提案してまいります。

6設計契約

当社が提案したファーストプランに納得いただけましたら、「設計契約」を交わしていただきます。設計士より、設計業務範囲や監理内容、契約金額及び支払い時期などについて詳しく説明させていただきます。

7確認申請

役所の建築審査課もしくは民間審査機関に「建築確認」の審査を申請いたします。設計内容が建築基準法などの法令に適合しているかの審査がおこなわれます。建築確認の申請者は「建築主」になりますが、一般的には設計事務所が代行することがほとんどです。

8確認許可

審査期間は1週間~4週間程度です。審査において法令に適合していることが確認されると「確認済証」が発行され工事着手可能なります。住宅ローンの実行には確認済証が必要になります。

9請負工事契約

工事に着手するにあたり「請負工事契約」を交わしていただきます。設計士より、契約金額と支払い時期・引渡し日、契約約款の内容などについて詳しく説明させていただきます。

10解体工事

建設リサイクル法、道路使用許可の届出をおこない、仮設水道・仮設電気・ガス管の撤去などの準備をいたします。解体工事は、騒音やほこりなど近隣住民にストレスを与える可能性がありますので事前に近隣説明をおこないます。規模と諸条件にもよりますが2週間~4週間で更地になります。

11地盤調査

既存建物がなくなったところで建築する部分の地盤耐力を測定いたします。測定結果を受けて最適な地盤改良の方法を選択いたします。測定結果によっては地盤改良が必要ないケースもございます。

12着工

基礎工事からはじまり、各配管工事が完了したところで足場をかけて、上棟の準備をいたします。「上棟」とは、構造体の最上部の横架材がかかった状態を示す言葉ですが、着工から1ヵ月~1ヵ月半で上棟となります。上棟後は屋根工事・アルミサッシ工事・外壁工事と先に外周部を仕上げながら内部の工事を進めていきます。上棟後2ヵ月半~3ヵ月半で完成いたします。

13完了検査

役所の建築審査課もしくは民間審査機関の完了検査を受けます。許可になった「建築確認」の通り、施工されているかの検査になります。合格すると「検査済証」が発行されます。

14引渡し

完了検査の他に、建築主の検査がございます。ご指摘事項があれば是正しご確認の上で引渡しとなります。設計図書・機器類の取扱説明書など保存図書のご説明をさせていただきます。

建栄の住宅ローン相談

新築住宅を建てる場合、住宅ローンを利用するケースが多いと思います。しかし住宅ローンを借りる機会は、通常多くても1〜2回。住宅を建てたいのにローンに対する不安を抱え、躊躇なさるお客様はとても多いのが現実です。
建栄では、住宅ローンに関する相談を随時受けつけております。家づくりに必要なお金の疑問や不安に対して、住宅ローンアドバイザーがわかりやすくアドバイスいたします。まずはお気軽にご相談ください。

住宅ローンについての不安・疑問

当社の新築・建て替えなどで住宅ローンをご検討されている方から、
これまでに寄せられた質問やご相談をQ&A形式でご紹介いたします。

Q

自分のケースだと、いくらまで住宅ローンは借りられますか?

A

民間の住宅ローンの場合、5,000万円〜1億円を借入限度額に設定している金融機関が多いようです。
ただし、年齢・勤務年数・年収・返済負担率を踏まえ、各金融機関が独自に審査して最終的な借入額が決定します。おおよその金額を把握したい場合は、金融機関の前に一度建栄へご相談ください。

Q

住宅ローンにはどんな種類のローンがありますか?

A

住宅ローンには、公的住宅ローンと民間住宅ローンがあります。「財形住宅融資」などの公的ローンを利用する人以外、ほとんど民間ローンを利用するようになるでしょう。
民間ローンでは、住宅金融支援機構による35年固定金利「フラット35」が特に有名ですが、変動金利型をはじめ、ほかにも様々なローンがあります。

Q

自己資金はどのくらい必要ですか?

A

以前は金利が高かったため、頭金を「建築費・購入価格」の20%程度のケースが多かったですが、最近は10%程度のケースが増えてきております。また、税金や登記費用などの諸経費として、「建築費・購入価格」の5%くらいを別途確保しておく必要もございます。

家族を守る為に知っておきたい
住宅ローンの基礎知識

金利は安ければ良い!は間違っている?

当たり前の話ですが、金利が安いほど返済額は低くなります。ですから「金利が安ければ良い」というのは正しいといえるでしょう。しかし変動金利型ローンには、金利上昇リスクがあります。いずれ金利が上昇して、家計を圧迫する可能性も十分にありえるのです。一方、固定金利は金利が一定ですから、返済計画が立てやすいというメリットがあります。ただし変動金利よりも高めの金利で固定されているので、このまま低金利が続いても低金利の恩恵をほとんど受けられないことになるでしょう。金利の変動が誰にも予測できない以上、どちらがいいとは一概にいえません。ただし一応の目安として、借入期間が短い場合や将来繰上げ返済ができそうならば、変動金利を。子供の教育資金など今後支出が増える場合は、全期間固定金利を選ぶのがもっとも安全だといわれています。また、変動と固定両方のメリットを持った「固定金利期間選択型」も、検討の余地は十分にあると思います。

注意!リスクの大きい住宅ローンとは?

住宅ローンは、通常無理なく返済できるように借り入れしますが、条件によっては非常にリスクが大きくなってしまう場合があります。先ほど変動金利上昇リスクに触れましたが、それ以外にも下記のローンは要注意です。

・オーバーローン・フルローン
頭金がなくても借りられる反面、ローン返済総額と毎月の返済額は通常よりも多くなります。急な支出が発生した場合、支払いが滞ることもあり得ますので、安易な利用は避けた方がよろしいでしょう。

・収入合算・ペアローン
夫婦で「収入合算」もしくは「ペアローン」を組んでいる状態で離婚するとしたら、マイホームや住宅ローンはいったいどうなるのでしょうか。

収入合算では、夫婦どちらかが「連帯保証人」になることも多く、離婚しても支払い義務が発生します。ペアローンは、離婚する相手の持分を買い取らなくてはなりませんが、通常はそういった余裕資金はないはずです。
上記のケースで離婚になれば、最終的には住宅を売却して精算することになるでしょう。

資金計画は入念に!

住宅ローンで絶対に避けたいのが、ローン返済ができなくなり住宅を手放すことです。ですから「借りられる額ではなく、無理なく返済できる額」を基準に、資金計画を入念に立てる必要があります。

チェックしておきたい主な資金計画のポイント

  • 正確な建築費用の把握
  • 将来を見据えた金利選択
  • 子供の誕生・教育資金・病気・退職など、ライフスタイルの変化
  • 適正な返済期間(定年よりも前に完納できるように設定)
  • 自己資金の確保(10%~20%程度)
  • 贈与・税金軽減・自治体の補助制度など、利用できる制度を確認

建栄の住宅ローン相談の特徴

提携している住宅ローン専門アドバイザーが、数千あるといわれる住宅ローン商品の中から依頼者に最適なローンをご案内します。家づくりは人生設計の最も重要なパートのひとつではありますが、家づくりにだけ資金を投入するわけにはいきません。借入れは少ないに越したことはないのです。ご相談者様が「どのくらい借り入れが可能か」「どのくらいの返済なら負担はないのか」など、プロの立場からご提案させていただき、住宅ローンについて総合的に判断をしてもらえるよう、全力でお手伝いをさせていだきます。

住宅ローン事例・お客様の声

総工費:約2300万円

借入金:5000万円

頭金:500万円

返済期間:35年

返済額:月々11.8万円
(ボーナス月:17.7万円)

東京都世田谷区にある約16坪の狭小地、私道を囲むように建物が囲む昭和の分譲地。道路斜線と高度斜線で削られるながら3層を確保し、限られた時間と限られた場所から「光と風」を確保し、外と内との視線が交錯しないように開口部をレイアウトした。

お客様の声:

家づくりの相談で訪問したのですが、資金計画から相談にのって頂けるということで、いくら借りることが可能なのか、いくらなら返済可能なのかいくつもシュミレーションしていただきました。各銀行でいろいろな商品が出されており総合的にどの商品が適しているのか比較しながら決定することができたので安心して選択できました。

建栄の土地選び相談

「理想の家づくり」の第一歩は、土地探しから始まります。

  • 条件の悪い土地を購入してしまい困っている
  • 土地に予算をかけすぎて、建築費が削られてしまった
  • やはりどうしても立地条件が気に入らない

こんな失敗がないように、設計と施工のエキスパートが揃った建栄へ、まずは土地選びから相談してみませんか!

理想の家づくりは土地選びから

年数の経過とともに建物の劣化は進み、住む人のライフスタイルも変化していきます。そうなると、どうしてもマイホームの使い勝手に不都合が生じてくるものです。 しかし多くの場合は、しっかりと計画を立ててリノベーションや建て替えをおこなえば、十分問題を解決できます。 ところが土地の立地条件や形状は、一度購入してしまえば基本的に変更できません。 理想の家づくりの半分は、「良い土地を手に入れられるかどうかにかかっている」といっても過言ではないのです。では良い土地とは一体何でしょうか?それは人によって違います。お客様がどういった土地を求めているのか、じつはお客様自身がよくわかっていないことも少なくありません。家づくりのプロである建栄が、お客様の希望をしっかりとお聞きして、お客様の理想の土地像を明確にしていきます。

土地選びのポイントと流れ

土地選びの前に資金計画を具体的にまとめる

きちんとした資金計画を立てる前に土地探しを始めると、気に入った土地の価格が予算よりも高く、最終的に建物の建築費用を圧迫することにもなりかねません。また土地の代金は、通常売買契約時に手付金として土地代金の約10%を支払います。土地代の残金は、土地の引き渡しの際に支払うのが一般的です。もし予算よりも高い土地を無理して購入すれば、「つなぎ融資」や「分割融資」では払いきれない可能性も出てきます。「きちんと支払いのできる金額を明確にしてから土地を探す」という、土地探しのルールをぜひ頭に入れておいてください。

住みたいエリアを決定

注文住宅を建てる場合は、どうしても理想とする立地条件を過剰に求める傾向があります。しかし、そういった条件がすべて満たされた土地を見つけるのは、なかなかむずかしいものです。
下記に挙げるポイントを元に、これだけは譲れないという優先順位を決めて土地探しをすると、理想の土地を見つけやすくなるでしょう。
・交通の利便性:駅からの距離。駐車場の確保。通勤・通学の通いやすさ
・商業施設:スーパー、コンビニが近隣にあるかどうか
・公共施設:病院や銀行など、毎日利用するものではなくても、近くにあると非常に安心
・教育施設:子供がいる家庭では、学校や図書館などが通える距離にあるかどうか
・周辺環境:公園や緑地の有無。遊戯施設が近くにない。幹線道路から適度な距離がある

希望する土地の状態と法令上の制限についてきちんと確認する

理想の立地条件の前に、まずは希望の土地に、問題なく希望の住宅が建てられるかどうかをきちんと調べる必要があります。
・用途地域や建ぺい率・容積率、高さ制限などの法的な制限はどうなっているか?
・地盤に問題はないか?(軟弱地盤・地盤沈下など)
・これまで大きな水害に見舞われていないか?
・日当たりや風通しに問題はないか?
・近隣環境は問題ないか?(治安や騒音など)
中でも法的な制限に関しては、クリアーできないとそもそも住宅を建築できませんので、念入りに調査する必要があります。

土地選びを設計士に相談するメリット

Merit1

土地+建物のトータル提案で予算検討も明確

最初に土地を用意してから、建築会社に住宅建築を依頼しなければならないと思い込んでいる人が、想像以上にたくさんいらっしゃるようです。もちろん土地先行でも悪いわけではありません。ただ不動産会社と違い、設計士はその土地に住宅が建築されることをイメージしながら土地を選んでくれます。
建栄では、土地探しと住宅建築をトータルでご提案いたしますので、予算検討が非常に明確です。前述のように、「土地代が高くて希望する建物が建てられなかった」などということがありません。

Merit2

設計で土地の可能性を最大限活用できるご提案

広くて条件の良い土地であれば、比較的簡単に良いプランを立てられるでしょう。しかし、条件の悪い土地でこそ、建築会社の真価が問われるというものです。建栄は、住宅の建築に不向きな土地での家づくりが得意です。当社の設計士が、狭くて不規則な形状の土地にも、自然を感じられる暮らしやすい住宅プランを設計します。また建栄では、その住宅プランを実行する施工体制が整っています。
本当に家が建つのか不安になるような条件の悪い土地でも、「建築家のプランニング力と工務店の技術力」を持つ建栄に、お気軽にご相談ください。

土地選び事例・お客様の声

東京都三鷹市/購入費:4650万円

東京都三鷹市にある閑静な住宅地、近くには大小の公園があり緑が多く残っている。計画地は東側に4m道路を持つ約32坪の平坦地。北側に大きな桜の木と南側へ続く2mの旗竿があるのが特徴。

お客様の声:

子供の小学校入学を前に新しい暮らしを始めたく土地探しから相談にのって頂きました。素人はどうしても大きさと周囲の雰囲気だけで判断してしまうのですが、そんな時にそれぞれの敷地の特徴、特に方位による光の入り方や、敷地の外からの見え方と敷地の中からの見え方を具体的アドバイスいただいたのでイメージした上で土地の購入が出来ました。