建栄のアフターサポート

専門スタッフによる定期点検

注文住宅は建てて終わりではありません。建物は年月の経過とともに、必ず古くなっていきます。少しでも建物が良い状態をキープできるように、建栄では完成から10年間、年に1回のペースでお客様の大切な住宅を点検させていただいております。
また当社では自然素材を使用することも多いため、長期間気持ち良い状態を保てるように、メンテナンスの方法などもアドバイスさせていだいております。疑問点などがございましたら、お気軽にご相談ください。

10年間定期点検

建栄では、建物の完成から10年間、定期点検をおこなっております。年に1回は必ず当社設計スタッフが訪問して、お客様の大切な住宅を点検させていただきます。点検当日は、当社独自の「マイホーム維持保全記録シート」を基に、屋外・躯体(くたい)・屋内・建具・設備をくまなくチェック。色あせ・はがれといった比較的軽微なものから、雨漏り腐朽などの重大な症状まで、しっかりと対応させていただきます。

住宅お手入れ情報のご提供

どんな住宅も建てた瞬間から劣化が進んでいきます。こだわりを詰め込んだお気に入りの注文住宅で、できるだけ長く快適に暮らしていくためには、日頃のお手入れが欠かせません。
当社では通常の住宅に比べて、自然素材を数多く使用しております。お手入れをするごとに深みが増し、独特の表情を醸し出してくれる自然素材ですが、その分お手入れにも少々コツが必要です。
建栄では、住宅を長持ちさせるお手入れ方法とコツについて、当社ホームページやメールにて定期的にご紹介しております。

安心の保険制度

万が一のトラブルに備える安心の保険制度

住宅瑕疵担保責任保険のご案内

瑕疵が発見されたにも関わらず住宅会社が倒産して補償を受けられない、といった事態を防止するために制定された法律が、「住宅瑕疵担保履行法」です。
建栄では同法に基づき、「住宅瑕疵担保責任保険」に加入しております。したがって引き渡し後10年以内であれば、たとえ会社が倒産しても保険会社から補償が受けられます。ただし補償は基礎などの構造上重要な部分に限定されており、内装の剥がれといった通常の不具合に関しては適用外です。
当社では年に一度、お客様を訪問させていただき、当社原因の不具合に関しましては無償で対応させていただいております。※経年劣化による不具合を除く
また有料ではございますが、「地盤保証制度」や「設備機器の延長保証」をおつけすることも可能です。より手厚い保証をご希望の方は、当社スタッフにご相談ください。

画像引用:一般社団法人 住宅瑕疵担保責任保証協会 住宅瑕疵担保責任の範囲

瑕疵の一例について

瑕疵担保が適用される箇所は、大きく分けて「構造耐力上主要な部分」と「雨水の浸入を防止する部分」の2種類。屋根や外壁からの雨漏り、柱や土台の腐食といった、建物を支える重要な部分に不具合が生じた場合に、瑕疵担保責任の対象となります。

下記のような場合は、補償を受け取れませんので注意してください。
○台風・洪水・火災などの災害によるもの
○地盤沈下・土砂崩れなどによるもの
○増築・改築・補修をおこなった箇所の瑕疵
○不適正使用・不適切な維持管理によるもの

火災・地震保険のご相談も承ります

建物の瑕疵に対しては、瑕疵担保責任保険である程度対応できます。しかし、不慮の火災や地震に対しての備えは、お客様がご自分でおこなう必要があります。火災はそう頻繁に起こるものではありませんが、もし自宅が火災で全壊してしまったら、新たに住宅を建て直さなければなりません。法律では火災の原因となった人に、責任を問えないことになっています。当然これまでのローンと合わせて二重にローンを支払わなければならず、家計への負担は相当なものになるでしょう。
また地震による被害には、火災保険では対応できません。したがって住宅を建築したら、火災保険と地震保険(地震保険は火災保険のオプション契約)の加入は必須となります。補償範囲の選択や保険期間など、保険の契約は専門家のアドバイスなしでは、判断がむずかしいものです。建栄にご相談いただければ、その場で保険会社と保険の内容をご案内させていただきます。

リノベーション/リフォームサービス

注文住宅だから実現できる
リノベーション/リフォームサービス

建てたばかりの頃はピカピカだったマイホームも、長い年月を過ごすうちに必ず劣化します。思っていたよりも大がかりな修繕が必要になり、出費がかさんでしまうこともよくある話です。また、経年経過とともに、家族のライフスタイルも大きく変化していきます。子供が自立して夫婦ふたりだけの生活になれば、これまでのような部屋数は必要ありません。部屋数を減らして、バリアフリーに対応できる広い空間へリノベーションすることも、必要になってくるでしょう。
建栄では建材の耐久性や将来のライフスタイルの変化も考慮しながら、注文住宅をプランニングしております。最初からリノベーション・リフォームの必要性を組み込んでいるからこそ、将来無駄な費用をかけずに新しい空間を実現できるのです。